ここから本文です

形見分けについての質問です。

syu********さん

2011/5/1015:01:50

形見分けについての質問です。

①形見分けとはいつ頃からどのようにして行われるのでしょうか?

②形見分けについて喪主の方にお伺いしないと分けてもらえないのでしょうか?

③形見分けの品物は金額に換算して確定申告は必要でしょうか?

④形見分けとは血族のどの人が該当するのでしょうか?

経験された方、知識のある方1つでもいいので教えていただけませんか?

もし、喪主の方又は血縁関係の濃い方にお伺いする場合、どのようにいつごろ聞いたらよいものか教えていただけると助かります。

閲覧数:
1,321
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kai********さん

2011/5/1015:46:48

① 形見分けは法律上の行為では無く特段の定義はありませんが、一般には49日を過ぎてから、遺族が故人とゆかりの有った人に故人の身の回りのものなどを差し上げる慣習です。 現在では行われないことの方が多いでしょう。

② 形見分けは喪主を含む遺族が任意でするもので、遺族が贈りたいと思えば先方から話をするでしょう。
反対に、なにか身の回りのものが欲しければ、頼んでみてもよいのではないでしょうか。
但し、くれるくれないは遺族の自由です。

③ 高価な物であれば課税対象です。 申告が必要となります。

④ 血族の形見分け・・・ 相続と言うことでお答えします。
あ) 被相続人(亡くなった人)の配偶者は常に相続人です。
い) 同様に、被相続人の子も常に相続人です。
う) 相続人である子供は、被相続人より先に亡くなっていれば、その子供(孫)が代襲相続人になり相続します。
え) 子供が無く、配偶者と実の親が居る場合は、配偶者と親が相続人になります。
お) 子供も親もなく、配偶者と被相続人の兄弟姉妹が居る場合は、その人たちが相続人になります。
この場合、非相続にんの兄弟姉妹が先に死んでいて、且つ子供(甥や姪)がいるときは、代襲相続人になります。


亡くなった方とどの様な関係か全く分からないので答えようがありませんが、喪主を勤めた方に49日もしくは納骨後にでもお願いしてみてはいかがでしょうか。

質問した人からのコメント

2011/5/10 19:44:11

わかり易くそして丁寧に回答頂きまして有難う御座います。49日が6月4日ですのでとても助かります。私は孫に当たるのですが30年間祖母と暮らしていて思い出がたくさんあります。祖父、その子供の方々にお願いしてみようかと思います。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる