ここから本文です

これは巻き爪ですか? 足の親指の爪と横の皮膚が 赤く腫れて、痛いです。 僕は小...

cipiacegiocareacalcio6666さん

2011/5/1315:49:04

これは巻き爪ですか?

足の親指の爪と横の皮膚が 赤く腫れて、痛いです。

僕は小学校から高校までサッカーをやっていて、今までも、しょっちゅ うなってました。ずっと、巻き爪だと思ってました。

今は大学1年ですが、高校のサッカー部を引退してから今まで、ほぼ全くサッカーをやってなくて、そしたら、
足の指は1度も腫れることはありませんでした。


そして、先日、サッカーボールを買い、家の中で久しぶりにボールを裸足で蹴って遊んでいた(リフティング)のですが、

すぐに指が腫れました。

(ボールは家の中でしか使ってないので、汚くはないです。)


よく見たら、爪が食い込んでいるようにも見えますが、それは他の指にも言えることなんです。


こんな状況なんですが、
これは巻き爪なんでしょうか?

また別なんでしょうか?

巻き爪,リフティング,サッカー部,ユビ,高校,サッカーボール,陥入爪

閲覧数:
178,420
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

vivibig_009さん

2011/5/1316:41:52

ひょう疽(ひょうそ)の手前じゃないですかね。
細菌感染症の一種で、黄色ブドウ球菌がメインで、連鎖球菌などの細菌でも発症します。
必要に応じて抗菌剤の内服薬や排膿を必要とする場合は切開をしたり、針をさして膿を出すなどで治療します。
頻繁に発症するようでしたら、お近くの皮膚科を受診し処置してもらい、爪の正しい切り方、予防方法等を聞いた方が良いと思います。
抜粋したものですが、悪化すれば大変です。

ひょう疽(ひょうそ)の手前じゃないですかね。...

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「足の爪 痛い 横」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

fairladyz481さん

編集あり2011/5/1420:29:22

爪囲炎です。
ここで、巻き爪とは、爪が巻いていて、しかも痛みなど何らかの不都合な症状を出している、または、出しやすい状態であるものをさすことと致します。
爪囲炎とは、単に爪の周りに炎症があるというに過ぎません。
この場合、炎症を起こす機序も、巻き爪と同じです。
爪からの刺激によって、その下側の爪溝と爪廓に炎症を起こしています。
爪囲炎の原因は、巻き爪のときが多いのですが、それほど巻いていないときでも起こすことがあります。
症状をだす原因は、爪からの柔らかい組織への、力による刺激です。
それが、巻き爪のときには、起りやすいのですが、爪が巻いていなくてもおこりますし、爪が巻いていても刺激さえなければ起りません。今回、それをもたらした原因は、ボールからの一回の量は小さくても、多くの回数の刺激が与えられたために、総量では大量の刺激が加えられたことが原因となりました。
爪があまり巻いていないのに、巻き爪とよく似た状態になりやすいのは、次のような原因が考えられます。
ゆび全体を見ますと、縦の長さと、横の長さで、縦が横に比べて短い感じが致します。
それから、ユビの尖端が根元に比べて、かなり細い部分が長い感じが致します。
このような状態の形のユビの上で、爪も、横に比べて、縦が短い感じが致します。
しかし、横幅は、尖端も根元も同じ大きさです。
この爪と、ユビの形のバランスにおいて、爪の先端付近で、爪とユビの柔らかい部分とで、アンバランスな状態がもたらされます。
つまり、爪が生えてきて、伸びてくる時に、かなり速く爪の角の部分が、ゆびさきから外側に飛び出してしまいます。
そのために、その部分をカットするのが、かなり速くなり、結果的に深爪を子供の頃からしていたものと考えられます。
そのように深爪した状態では、爪の側面部分がかなり短くなります。
外からの力を、この側面部分でかなり多く受けることとなりますので、単位長さあたりの力の大きさは、その部分が長い場合に比べて、大きくなるものと思われます。
そのような状態で、爪の角がその下に加える刺激は、かなり大きくなるものと考えられます。
そのために、通常では炎症を起こさない程度の刺激でも、そこに炎症を起こしてしまうものと考えられます。
そういう意味では、巻き爪と同様に、爪囲炎を起こしやすいユビと爪のアンバランスな状態であるということがいえると思います。
ですから、その予防策としては、そのアンバランスを修正すること、爪の切り方を工夫して、外からの力を上手に分散させてやれるような切り方をすることになると思います。
そのカットの形は、やはり、爪の先端の皮膚に沿って、しかもわずかに皮膚から外側に出るようにカットすることだと思います。
このようにカットすることによって、爪の側面の長さを出来るだけ長くして、しかも爪の角が下に刺さらないようにすることが出来ると思われます。それが、巻き爪と同じ爪囲炎症状を出来るだけ減少させる方法だと考えます。
現在の炎症は、清潔に洗って、4日くらい安静にしていると、治ってくるものと考えられます。
爪の巻きが少し強く、爪からの圧力が減らせないような状態であればツメキャップを使って、少しだけ矯正して、下への圧力を減らす場合もあります。
そのような状態での爪の側面を少しだけ持ち上げる方法を、画像にて、供覧いたします。
炎症が強くなった場合には、このように爪の側面を持ち上げることが有効です。
ここでも、爪の側面の長さを、なるべく長くなるように、その部分を切らずに経過を見ています。
このようにすることによって、安定した爪の形になることが出来ると考えています。

爪囲炎です。...

strutter1024さん

2011/5/1316:06:23

巻き爪歴30年以上です。

経験豊富です!

これは巻き爪ではないですね。

爪の端からバイキンが入ったようですね。

リフティングをして、肉に爪が刺さるような感じで傷ついたんだと思います。

自分なら、腫れてる部分を切って膿を出して爪も横の部分をカットするんですが…

これは一番やっちゃいけないこと。

ホントの巻き爪になります。

写真を見る限りでは、爪はぜんぜん巻いてないですから、そのまま腫れが引くのを待って下さい。

myobbxxさん

2011/5/1316:04:25

今巻き爪ではありません。サイドの爪を深く切ったため皮膚にばい菌が入り膿んでいます。皮膚科にいって治療してもらってください。

この深く切ったところが伸びるにあたって食い込んできたり巻いてきたりすると巻き爪といいます。
今膿んでいる指の治療にいったときに先生に巻き爪にならないようにする方法とかがあるので、相談してください。

moriani503さん

2011/5/1315:59:19

陥入爪ですね。陥入爪(巻き爪)の原因といわれているものには、何かしらの物理的要因や、生活習慣にあると考えられていますが、具体的にはどのようなものがあるかというと、まず第一に挙げられるのが爪の切り方です。画像からは爪の切り方ですね。普段、爪を切るときはどのようなことに気をつけて切っているでしょうか。ほとんどの方はあまり意識せずに爪を切っていることと思います。ついつい深爪をして切ってしまう人がいますが、実はその深爪が巻き爪の原因だといわれています。爪を深く切ってしまうと、それまでそこに覆われていた指の肉が盛り上がってしまい、その盛り上がった肉の部分に今度は伸びてきた爪が干渉してしまい、本来には無い不自然な力を爪に加えてしまうことになってしいます。切り過ぎには十分に注意しましょう。理想としては、白い部分を1ミリ程度残すくらいがちょうどよいとされております。角を丸く切らずに残す「スクエアオフ」と呼ばれる方法が推奨されております。
季節柄、身体の免疫力・抵抗力が低下している反面、常在性微生物や体内に無症状状態で潜伏しているウィルスの増殖・活動が活発な状態にあります。現在の症状から化膿する前に皮膚科受診をお勧め致します。

2011/5/1315:56:28

おそらく巻き爪です。
以前、僕も巻き爪で病院に行った事があります。
巻き爪用のつめ切りなど売っているので、オススメです。
それでも切れないぐらい、くい込んでいる用なら病院に行った方がいいです。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。