ここから本文です

読書感想文を書く際「感想が特にない」「何も感じない」・・・と小学校四年生の息...

aki********さん

2011/5/1422:50:43

読書感想文を書く際「感想が特にない」「何も感じない」・・・と小学校四年生の息子がいうのですが

感受性がないのでしょうか?それとも 何を書いていいかわからないからなのでしょうか?

読書感想文が得意な方、 本を読んで感じることは たくさん浮かぶのでしょうか? コツなどあるのでしょうか?

閲覧数:
18,164
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mid********さん

2011/5/1501:16:22

読書感想文。日本の国語教育の一番間違った手法です。

お子さんの感受性の話はともかく、日本の特に小中学校の教師が要求してくる読書感想文とは、文章力にはまったく関係なく、読んだ本に感銘を受けたとか、主人公の気持ちがよくわかったとか、自分もこの人物のように立派な人になりたいとか、そういういいことを求めているので、お子さんはそれで迷ってるというか、「いい感想が特にない」「いい感じがない」と思っているのかもしれないです。もしかしたら、読んだ本に共感する部分がなくて、いい感想もなければ、何かいい感じもないのかもしれないです。

コツと言うよりは、素直に思ったことを書けばよいだけだと思います。悪意を感じたのであればそう書けばいいし、あほかこの主人公と思ったのなら、そう書けばいいのです。それに対して仮に「あなたはもっときちんとこの本を読んだ方がいいですよ。きっと何かいい部分が見つかるでしょう」なんて評価をしてきたら、その教師がバカなだけです。道徳の授業じゃないんだから。

それに読書と言うのは所詮は他人が書いたものを読んでいるだけで、おそらくは書いた本人でさえ完璧な読書感想文なんて書けないでしょう。あの時はどんな気持ちで書いたんだっけ?なんて思っているかもしれないのです。それをさも作者がこういう意図で書いたのよ、等と決め付けて長文読解の試験をしたりすること自体が間違っているのです。

私がこの世の中で、身内以外で一番信用できないのは、小中高で国語を教える馬鹿が服着て歩いているような、国語教師です。

(^_^)V ピース

質問した人からのコメント

2011/5/21 22:38:28

みなさま どうもありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

nim********さん

編集あり2011/5/1910:08:28

私も子供の頃は読書が好きでも、感想文は苦手でした。
まさしく「感想って言われても・・・」って感じでしたよ。
でも高校生くらいから、なんとなく自分で解釈するようになり、
(こういう読書方法が正しいかはわかりませんが)
高校生くらいだとだんだん色々考えることも出てくるので、
文集とかに載るようになってきましたね。
作者の人の目線とか文章に隠されている意見とか、
そういうのが気になるほうでした。
今でも高校の教科書に出いていた
『城之崎にて』の「私」が何をわかったのか、
とても気になります。。
小学生くらいだと、
先生が望む文章が書けるかどうかの問題になってしまうので、
さほど気にしないほうがいいですよ。
上手い子は本当に上手いですからね!
それより、長い目で見て読書好きになってくれたほうが、
その後の人生が違うと思います。

>読書と言うのは所詮は他人が書いたものを読んでいるだけで、
>おそらくは書いた本人でさえ完璧な読書感想文なんて書けないでしょう。
>あの時はどんな気持ちで書いたんだっけ?
>なんて思っているかもしれないのです。
>それをさも作者がこういう意図で書いたのよ、
>等と決め付けて長文読解の試験をしたりすること自体が
>間違っているのです。

私もまさしくそう思います。
誰だったか作家の人が、自分の文章が入試で使われ、
解釈のされ方にびっくりした、というのを読んだことがあります。
本も歌も、世に出た瞬間から、
ある意味作者の手から離れますからね。

nka********さん

2011/5/1618:05:03

感想って言われると書きにくいですよね。

感想文とは「物語を通じて自分を見つめ直すもの」だと言われた事があります。

ただ漠然と「感動した」ではなく、
「主人公のここでこう行動したけど自分はこうする」もしくは「自分もこうする」
そして「何故そうするのか」と書いていきます。

凄かったなどより文章が続きますし、本来の意図としてはそういう事を書いてほしいんだと思いますよ。

「自分の考えを文章にできるか」
「本から何を学んだか。今の自分の行動やこれからどうするか」

これが書ければ上手な感想文になるんじゃないでしょうか。

息子さんの理解力不足や感受性の問題ではなく学校の説明不足だと思います。

kao********さん

2011/5/1500:38:30

「感想」って漠然と聞いてしまうと、考えづらいのかなと思います。
まずは気にいったページとむかついたページとかに分けていくつか付箋を貼って、そこからどこが気にいったのか(気にいらなかったのか)、誰が気にいったのか、もし自分が主人公だったら?などを別の紙に思うままに書かせてみてください。
あとはそれを文章にまとめるだけです。(ここが難しいですが、もし難しかったら文章構成は手伝ってあげてもいいと思います)
付箋を貼っただけで止まってしまう状態だったら、気にいった場所とか考えるポイントはご両親が作ってもいいと思います。

☆書き出しができない子は、文章の引用で始めるといいですよ。
例)「・・・・(引用)・・・・」
この文を読んだとき、~と思いました。なぜなら~。

という文章にできます。

kak********さん

2011/5/1422:57:27

私はもの凄い読書好きで、小学生の頃は日に二冊とか読んでましたけど、
「読書感想文」となると途端に困ってしまうたちでした。
色々感じるものはあるんですけど、それを文章化できなくて。
まあそれは個々なんでしょうけど・・・
小学四年生で「感受性がない」なんてことはないと思いますよ。
感じたものを上手く言葉に変換できないだけでしょう。
一緒に読んであげて
「どこが面白かった?」とか「ここの登場人物の行動どう思う?」とか
ゆっくり導き出してあげるのが良いかもしれません。

りんごさん

2011/5/1422:56:14

読書感想文って難しいですよね。

ウチの子もいつも感想ではなくあらすじになっています。

子供への助言として、ある一文を読ませて「どう思った?」と感想を聞いて話を広げて書かせています。

「可哀相、大変そう、寒そう」何でも良いんです。

そこから、例えば、自分ならどうするかなど発展させて字数を埋めています。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる