ここから本文です

相当古いロビンエンジン式セル付きウエルダーのエンジンが掛かりません。

drr********さん

2011/5/2109:39:20

相当古いロビンエンジン式セル付きウエルダーのエンジンが掛かりません。

ロビンEC17DRSエンジンで、フライホイルを外し、ポイントを点検しましたが、隙間もあり、エンジンキーをONにしてポイントを開閉してもポイントからも火が出ません。
どのような点検をすると、どの部品が悪いか判断できますか?教えてください。

閲覧数:
1,162
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ngp********さん

編集あり2011/5/2110:51:26

>どのような点検をすると、どの部品が悪いか判断できますか?教えてください。

残念ですが、原理や構造・適正値をわからない方には、教えてもわかるものではありません、

余裕で本がかけるくらいの分量です、字数に制限の有るこのような場所では不可能です、

>フライホイルを外し、ポイントを点検しましたが、隙間もあり、エンジンキーをONにしてポイントを開閉してもポイントからも火が出ません。

また、 ↑ これで点検しているつもりなら、永久に直りません、

以下のページに書かれていることが理解できるようになってから、もう一度、出直してください。

http://www.geocities.jp/gpz750efi/bike_denki.htm


お仲間の方
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1045002090

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

mov********さん

2011/5/2609:16:55

点火プラグの間隙の部分に火花が飛びませんか。
火花のチェックの時、点火プラグの外側のねじ込み用のネジの辺りをエンジンの放熱フィンに接触させてマイナス側を繋げていますか?
手で握ると握り具合によっては感電(かなりのショック有り)しますので注意して下さい。

それでも火花が飛ばなければ、プラグに差し込むキャップの部分は、イグニッションコイルから来た黒いコードの中の線に、プラグの頭を差し込む所(針金のゼンマイ状に成っている)の先端を差し込み、電気的に繋がる様にして有ります。
ここのところの接触が悪くなる事が有ります。
それでも火花が飛ばなければ、イグニッションコイルのアッセンブリーを交換して下さい。

もうひとつ、点火プラグの火花が飛ぶ隙間に、スラッジと呼ばれる金属片(とても小さい)がブリッジしてショート状態に成り火花が飛ばない時も有ります。

火花の飛ぶ隙間は、物で叩いたりして、せばめ無い様にして下さい。
火花の飛ぶ勢いが弱く成ります。
又お尋ね下さい。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる