周波数と周期の関係でよく以下の公式が使われますが、fは周波数、Tは時間、1ってなんですか? F=1/T という公式があります。

周波数と周期の関係でよく以下の公式が使われますが、fは周波数、Tは時間、1ってなんですか? F=1/T という公式があります。

工学95,927閲覧

7人が共感しています

ベストアンサー

13

時計の振り子で考えてみてください。振り子が中央から左に振れて中央に戻り、右側に振れて中央に戻る。これが1周期(サイクル)です。この動作が1秒間に10回繰り返されればこの時の振り子の周波数をf=10Hz(ヘルツ)といいます。では、この時振り子が左右一往復する時間tは・・・、周波数の逆数の1/10秒ですよね。(t=1/f f=1/t)の関係が成り立ちます。

13人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

やはり、1周期のことですよね。逆数の関係性は理解していたのですが、これで納得できました。理解しやすい説明ありがとうございます。

お礼日時:2011/5/25 8:51

その他の回答(4件)

3

①周波数:f というのは 1秒間に f 個の波が通過するかということです。 ②周期:Tというのは 1つの波が通過するのに T 秒必要かということです。 周波数:f ならば 1秒間に f 個の波が通過する(①)のですから、1つの波が通過するのに要する時間:T = 1/f となります。 F=1/T というのは 『F と T は相互に 逆数の関係にある』ということです。

3人がナイス!しています

2

周波数 一秒間に何回振動するか。 周期 一回振動するのに必要な時間。 周波数が5Hz 5回 なら一秒間を5回でわって 一回の時間は 1/5=0.2 秒 あえて言うなら一秒をあらわす。

2人がナイス!しています

1

周波数 F (Hz) というのは、1秒間に F 回振動する波です。ということは、1回振動する時間は 1/F 秒です。その「1回だけ振動する時間」というのが周期 T (秒)です。ということは、T = 1/F ですから、この両辺に F をかけると、F*T = 1 という関係になります。さらにこの両辺を T で割ると、F = 1/T です。途中の F*T = 1 というのが、周波数 F と周期 T の関係です。

1人がナイス!しています

1

お互いに反比例例する関係にあるよ、という意味。 TxF=1 の式の変形。 単位まで考えると・・・ T[s」xF[s-1(マイナス1乗)]=1[s/s]=1 ・・・になって、単位が消えてしまうのだ。

1人がナイス!しています