ここから本文です

昔、大名や役人(地位の高い人)と農民、えたひにんの食べていた米に違いが あっ...

kur********さん

2011/5/2422:02:03

昔、大名や役人(地位の高い人)と農民、えたひにんの食べていた米に違いが
あったそうなのですが。
うる覚えですが農民たちは玄米、ひえ、あわ?
お偉いさんは?
その食べていた米の違いにより寿命が違っていた。という

のを聞いた事があります。
くわしい方教えて下さい。

閲覧数:
473
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

aimimamiさん

2011/5/2422:09:47

白米を食べていた高貴な方は脚気になりやすく短命が多いと聞きますね

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

2011/5/2422:20:46

そうですね。基本的に農民たちは「あわ」「ひえ」等を主食として食べていたそうです。でも、農民と言っても結局現代社会と同じシステムで、それぞれの地方郡司等が治めていました。また、農民と一言で言っても土地を持っている農民と持っていない農民がいて、この辺は会社の雇用主と働き手の関係性ですね。雇われている農民のことを水飲み百姓と言いました。などなど、色々な側面から見て…全ての農民が雑穀しか食べられなかったというわけではないと思います。年貢の量によってはたまに米を食べられる農民もいただろうし、1年に1度しか食べられない農民もいたかもしれません。
ちなみに穢多、非人と呼ばれている人たちは特殊な仕事に従事していたため(独占的にその仕事ができたので)わりと良い暮らしをしていたという見方もあるそうです。底辺の農民よりも豊かだったかもしれませんね。
寿命に関してはなんとも言えませんね。寿命は遺伝子(DNA)で最初からある程度決まっているそうなので、食べ物によって大きく変わるということはないと思いますよ。医療や生活環境の問題で、農民クラスの方が短命だったというのであれば分かります。極端な話ですが、たとえば風邪を引いたとき、大名クラスであれば薬を飲んで暖かいところで眠れますが、農民クラスは寒いあばら家で薬も無く…といった環境で、肺炎等になって死んでしまったかもしれませんしね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる