ここから本文です

まだ真夏になってないのにもう80%超えています、計画停電しないといいます。1...

pzs********さん

2011/6/1811:12:39

まだ真夏になってないのにもう80%超えています、計画停電しないといいます。100%を超えると何で停電になるのですか良く分かりません。どうして停電になるのですか。

閲覧数:
92
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yuu********さん

2011/6/1913:58:26

東電の需給状況と見通し
長期計画停止中の火力発電所の一部を除いた全てについて、8月末までの復旧の見通しが得られたことや、新たなガスタービンの設置、揚水発電のさらなる活用などにより、今夏の供給力を5,520万kW(7月末)~5,620万 kW(8月末)へと上方修正した。5月13日

他方、今夏の需給両面の対策を通じて、今回の震災により甚大な被害を受けた東北地方の電力需給バランスの緩和に向け、東北電力株式会社に、最大140万kWの電力融通を行いたいと考えている。したがって、電力融通を考慮した場合の供給力は、5,380万kW(7月末)~5,480万kW(8月末)になる。

なお、経年火力の連続稼働等による計画外停止や、異常な猛暑による需要の急増などが発生した場合には、需給の安定確保に支障をきたす可能性があることから、今後も計画停電の「原則不実施」を継続していくため、引き続き追加供給力の確保に努めるようだ。

今夏の需給見通しは、
7月 : 供給力5,520万kw - 需要5,500万kw = 予備力 20万kw
8月 : 供給力5,620万kw - 需要5,500万kw = 予備力120万kw


夏期に向けた計画停電の見直しは、「原則不実施」としているようですが、計画停電を、万が一実施する場合に備え、政府の電力需給緊急対策本部より示された「夏期の電力需給対策について」の内容を踏まえて、東電は各層の需要家に対して、夏期におけるさらなる節電対策への協力要請をしているようです。

.

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ran********さん

2011/6/2123:29:30

停電に”なる”のではなく”させる”が正しいです。簡単に言うと設備を壊さないためと壊れた場合の損害を考慮するから”停電させる”のです。具体的に言うと、100Wの発電所が100W未満までは大丈夫でしたが、100Wになりました。さてどうするか?
①100Wで停電させた場合。一時的に停電で迷惑かけるが数時間~長くても7日程度で回復できる。
②100W越えても焼損するまで発電した場合。新たな発電設備建設で千数100億円お願いします。完成するまで十数年間計画停電のご協力お願い致します。
どちらを選ぶか判りますよね。

gam********さん

2011/6/1816:56:50

ごくごく簡単に説明すると100%以下にするためです。


80%というのは今日の供給力に対して80%の需要ということであり、8月の供給力で計算しなおすと、まだ60%程度の需要です。

計画停電をしないと言っているのは、15%の節電により今夏の需要を5100万kWに抑えることができれば、供給力は5480万kWを見込んでいますので7.5%の余力があるということだからです。

100%を超えると停電するのは電力系統の周波数が低下するため、過剰になった電力負荷を強制的に遮断するためです。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる