ここから本文です

F1カナダGP 可夢偉にハイドフェルドが追突リタイアしました。あれはハイドフェ...

hyd********さん

2011/6/1823:26:59

F1カナダGP 可夢偉にハイドフェルドが追突リタイアしました。あれはハイドフェルドの立ち上がりのタイミングをずらすために 可夢偉があえて踏み込みを遅らせたということでいいんですよね?バトルの手法として。

閲覧数:
282
回答数:
5
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

inf********さん

2011/6/1823:56:04

CSの解説では…

記載の様に、タイミングを少し外して、ブロックしようとした。
その後、リプレイ映像などを見ての再度の解説では、
ザウバーのマシンは、トラクションの掛かりが悪い
しかも、左後輪?が、ウエットの路面に乗っているので、
さらにトラクションの掛かりが遅くなり、遅くなったと…

トラクションの事は、グランプリを通しての事なので、
ハイドフェルドも分かっているはずだし、ルノーのマシンの方が、
絶対的に早いことなど、そう言う事も考えれていないとも言ってたな。

見方によっては、どちらの見方も出来る結果かと思います。
基本的に、ドライバーは自分のミスでも認めないので、真相は???

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mf3********さん

2011/6/2201:18:19

ハイドフェルドってそういう奴なんです。

クビサに勝てたと嘯いていたそうですが川井ちゃんが言ってように勝てなかったでしょう。

未勝利記録を更新し続けるだけ。

f1a********さん

2011/6/2000:06:17

ただ単に、ザウバーのマシンの加速力が他のマシンより少ないのが
原因でしょう。

stk********さん

2011/6/1910:33:58

カムイの作戦という説と、単にザウバーのマシンが踏みこんで行けなかっただけという2つの説があるようですが、実際のところは本人にしかわからないようですね。

dre********さん

2011/6/1909:42:40

あの時レーシングライン上だけは完全に乾いていましたが、ザウバーのマシンはタイヤに優しいという特性上タイヤに熱が入り難いんです。当然冷えたタイヤではトラクションが掛からない上にグリップせずコーナリング中に僅かながらラインを外してまだ濡れているところに乗ってしまった。そして温まって来ていたタイヤがまた冷えると言う状態を繰り返しながら走行していました。

そして運悪くそれが1,2コーナーで起きてそこへハイドフェルドがおかまを掘ったと言う事です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる