ここから本文です

マイホーム建築予定です ベタ基礎になる予定らしいのですが、ベタ基礎はシロア...

igi********さん

2011/7/312:45:54

マイホーム建築予定です

ベタ基礎になる予定らしいのですが、ベタ基礎はシロアリの心配はないのでしょうか?
工務店の営業は現在の建築でベタ基礎の場合はシロアリがつけない環境になってるから処置などは不要です
と言ってるのですが本当なのでしょうか?

教えてください。
もし、必要な処置もあれば教えてください

閲覧数:
1,400
回答数:
6
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

南山 和也さんの写真

専門家

2011/7/608:57:10

東京のシロアリ業者です。

ベタ基礎であっても100%安心です!とは実は言えません。場合によっては布基礎より危険な場合もあります。

経年変化でどうしても隙間ができてしまうので、侵入してしまう可能性は否定できません。

一番多いのが、型枠止め金具(セパレーター)の裏の隙間です。これは特に基礎断熱で多いです。

これを営業さんに言ってわからないようであれば、おそらくベタ基礎のシロアリ被害についてご存じない方でしょう。

通常のベタ基礎であれば、コンクリート打設前の土壌に薬剤を処理することをおすすめします。

そうすれば、最低5年の保証は付きます。新築時なら損害賠償も基本的には付くはずです。

工務店さんが聞き入れてくれないようであれば、専門の業者さんに相談されてみてはいかかでしょうか?

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

回答した専門家

南山 和也さんの写真

南山 和也

住宅設備工事

建ててからはじまる、家づくり。シロアリ対策はお任せください

株式会社テオリアハウスクリニック 代表取締役 公益社団法人日本しろあり対策協会 理事 「シロアリに食われて泣くよりまず予防」をキャッチフレーズとしてシロアリ防除を行っています。創業以来40年、累積施工件数28万件の実績から蟻害におけるさまざまなケー...

この専門家がベストアンサーを獲得した回答

※お問い合わせの際は、知恵袋を見たとお伝え下さい

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

saf********さん

2011/7/511:23:47

建材メーカーの材料を使って指定の工法の場合、建材メーカーがシロアリの補償10年を付けいているところがあります。
が、ベタ基礎だから心配ないということには直接結びつきません。
工務店の営業さんがどれほど詳しいのか解りませんが、もう少し詳しく聞いてみる必要がありますね。
根拠や保証期間も確認したほうが良いです。
比較的新しい工法の場合は、実績が有りませんので10年後、20年後にどうなっているかは読めません。
営業さんの言う事に間違いが無かったとしても、永久に保証してくれることは有り得ませんので、保証が切れた後の対策・メンテナンスがやり安い構造にしておくことも重要かと存じます。

s20********さん

編集あり2011/7/522:38:54

シロアリのリスクは軽減出来ますが
完全な対策ではありません。砕石を敷いた段階で土壌処理するとかなり安全性が高まります。
あと犬走りを作る
ウッドデッキをアルミ製にすると危険は減ります。

基礎パッキン工法は数社が販売し10年間保証を唄っていますが
近年被害例が多いのも事実です
ここ三年で10棟ほど当社で確認しています

豪州檜もシロアリは食害します 実験データがありますよ
ヒバも青森ヒバの80年以上たったものなら効果はあると思いますが
そのような木材は地元の業者が森林管理署の入札で買ってしまいなかなか流通しません

tit********さん

編集あり2011/7/322:14:12

寄せ付けにくい、が近い答えでしょうか
ベタ基礎だから、は?です

土台自体も最近は防蟻薬剤が含まれており、さらに防蟻剤を塗布しますのでかなりシロアリ対策は強くなっています

ですが土台敷き施工前の、あとで塗布できない土台の箇所などの前処置ができているかどうか
大工が上棟後、一階床下地の施工後に基礎上を掃除をちゃんとしてくれれば、などでシロアリを避ける可能性が少しあがります
とうぜん永遠のものではないので10年くらい置きにシロアリ対策をすれば大丈夫

http://yoshimoku.com/mokuzo/dodai/dodai.htm
http://www.hakutaikyo.or.jp/bojo1.html

参考までに

cdf********さん

2011/7/315:53:02

白アリは基礎から土台を伝って侵入してきます。そこで基礎と土台は直接当たらないように基礎パッキンを入れて空間を作ります。シロアリは乾燥を嫌いますので乾燥させておくことです。あと白アリが嫌う木材で土台を作ることです。(ヒバ、豪州桧など)。べた基礎工法は床下の乾燥が出来ますのでいいですあと白アリ駆除もすることです。建物が乾燥していれば白アリは防げるみたいです。国産の杉も白アリは食べないということですので杉材に薬品注入して強度を持たせて使う手もあります。

mas********さん

2011/7/313:14:40

有効な防腐措置を講ずるとともに、必要に応じて、
しろありその他の虫による害を防ぐための措置を講じなければ
ならない。(令49条抜粋)

とあります。ベタ基礎ではシロアリを防ぐ措置にはなりえないと思います。

必要な処理は地面から1Mまでに法令で定められた薬剤を5年に
一度塗布するのが一般的です。

心配ないということは絶対にありません。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる