ここから本文です

人工授精、体外受精について情報ください。

gvi********さん

2011/7/316:32:49

人工授精、体外受精について情報ください。

ある程度は調べてわかりました。

私は結婚1年半で39歳です。
3月に卵管癒着(両方とも)の為、剥離手術をしました。
手術は成功したらしいのですが、片方の卵管が通らなかったそうです。成功したのに通らなかった・・・でも詰まっているわけでもないと先生はおっしゃいます。・・・意味が分かりません。
でももう片方は通るので妊娠することはできるそうですが、あれから4ヶ月・・・早く子供が欲しくてたまりません。

「また癒着したんじゃないだろうか」とか「他にも、調べてないけど原因があるんじゃないだろうか」とかいろいろ考えてしまいます。
だから人工授精をしようかと考えています。
でも調べたら「1回目で成功の確率10%」とか「体に負担がかかるので10回が限度、体外受精へステップアップした方が良い」とか書いてあります。
お金があれば一気に体外受精をしたいです。金額はどこで調べても数十万と書いてあり30万前後と書いてある所もありました。この差は何なんでしょう?(自治体で補助が出るのかも調べました)

体外受精も日帰りでできるんでしょうか?同居しているダンナの親には黙っていたいのです。それから40代での体外受精が成功する確率は10%と書いてありました。かなりショックです。本当ですか?

なんでも良いのでいろいろ情報を教えてください。

閲覧数:
1,132
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mak********さん

2011/7/322:02:41

癒着をはがして成功したけど
片方が通らなかったとありますが
卵管も緊張などから狭くなってて通りずらくなってたのかもしれません
リラックスしたらきちんと通るのかもしれませんよ
それにあなたも言われてるように片方が通ってれば妊娠も可能です
体外受精も本当に一回で妊娠する方もいれば
私のように6回胚移植(受精卵を子宮内に戻す)しても未だに妊娠に結びつかない人間もいます。
確率は何パーセントと色々といわれてますが
人それぞれなので私は%は信じてません
10パーセントあれば妊娠する人もしない人もいるわけですから
あと
体外受精の費用は自費なので
使う薬や採卵のさいに使う器具や麻酔の有無などによって
何万円単位で変わってくるし
自費なだけに病院によって変動があります。
大体多いのが30万~50万といったところでしょうか
その後の胚移植も10万~という感じでしょうか。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

chi********さん

2011/7/410:07:55

体外をやっていますので、知っていることをできるだけ書きます。

費用は病院によって治療法、料金体系も異なりますので、大きく幅があります。
私の通う病院は大体1回で35~40万だそうです。

採卵で卵が多く取れ、凍結した卵が複数ある場合は、
2回目からは採卵までの過程が省略でき、10万ほどで済むそうです。

成功確率は普通妊娠と同様、年齢が上がるにつれ下がるそうですが、
具体的な数字は説明されませんでした。
体外受精といっても、妊娠できるような状況を人工的に補助して造りだすまでの
作業しかできないということで、結果は「神のぞ知る」の領域だそうです。

治療は頻繁に病院に通うことになりますが、入院は基本ありません。
治療法はロング法、ショート法、クロミッド法など数種類あります。
病院の方針やご自身の体調によって方法が変わると思います。
ロング法は注射の回数が多いので、おそらく最も高額だと思います。

私の場合、ロング法で点鼻薬数日、採卵まで排卵誘発の注射が毎日(9日間)、
hcg注射が夜中に1回、採卵(麻酔ありならほぼ1日、麻酔なしなら数時間)、
黄体補充の注射(3日毎)、その間に胚移植(数時間)で大体1ヶ月のスケジュールです。
排卵誘発の注射は薬の種類によっては自宅で自分でできる場合もあります。
私は採卵でOHSSぎみ(卵巣過剰刺激症候群:お腹の腫れ、腹痛、吐き気、尿量の減少など)になり、
今は採卵まででストップしています。
OHSSがひどい場合は点滴が必要で入院になることがあるそうです。

ダンナ様が必要なのは採卵の日だけですが、事前に肝炎やHIVなどの血液検査は必要です。
(医療従事者への感染防止のため)
体外受精の事前説明の際には同席を求められるかもしれません。
うちの病院は説明会は夫婦で出席が基本でした。

やってみて(といってもまだ半分ですが)の感想ですが、
始めるまでは、費用負担、時間的拘束、通院の手間ばかり心配していましたが、
実際は身体的負担が一番大きいです。

mim********さん

2011/7/323:17:40

私も剥離手術をうけました。
片方は卵管の周りの癒着が激しく剥離不可能で、もう片方は何とか通ってる位まで剥離しました。
ところが、その通ってる方の卵管に子宮外妊娠してしまい両卵管切除しました。
卵管が狭いのと、剥離した後はどうしても再度癒着する率が高くなる為、もしかしたら子宮外になるかもしれないと医師に体外受精を勧められてすぐでした。
その後体外受精で子供を授かる事が出来ました。
費用はやはり様々ですね。私は公立の病院で20万ちょっとでしたが、不妊専門のクリニックに通う知人は50万弱かかったそうです。

体外受精は日帰りで出来ますよ。
%については詳しく解りませんが、まずは担当のお医者と納得いくまで相談されて、その上でステップアップされるのが良いかと思います。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる