本丸と天守閣の違いってなに?

本丸と天守閣の違いってなに?

日本史16,818閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

4

本丸ってのは城郭内での場所の名前で、 大将以下、幕僚が陣取って作戦の立案や指揮をする場所です。 平時には城主の住まいが含まれたりもします。 そして、二の丸・三の丸とは、装備・兵力の備蓄や再編成を行う場所です。 準戦時には家老以下、幕僚や兵士が寝泊まりしますし、 平時には訓練場や会議施設なども設けられています。 また、籠城戦となった場合は、それぞれが防衛ラインや挟撃発起点になります。 天守閣とは、本丸に設けられた高楼式の建築物です。 いわゆる『お城!』って感じの建物。 視察などに使われるとは言うけど、まぁ、シンボルみたいなモンですね。 実際、ほとんどの天守閣は倉庫と化してましたから。 主に、銃や槍、弓などの主戦兵器を備蓄してたようです。 この天守閣も、建設に届が必要になったコトと、 江戸建設の天下普請などで台所が苦しくなったコト、 大坂の陣終結により藩政に集中しなければならなくなった等の理由から、 急速に造られなくなりました。 まぁ、届を出しても許可してくれないんだけどね。 最後に造られた天守閣は、広島県福山市の福山城。 この城は家康の従兄弟が城主なのと、西国鎮守の任務があるとの理由で、 ほぼ例外的に許可されました。

4人がナイス!しています

その他の回答(5件)

0

天守閣は建物の名称です。本丸は近世城郭における城の主郭にあたる区域のことで、建物の名称ではありません。 庭付き一戸建ての一般住宅でいうと、おおかた本丸が庭(宅地)で天守閣は家(建物)といったところです。 本丸と天守閣の違いについて、過去に同じような質問がたくさんあり、回答内容も同様ですので、ご参照されてみてください。 同様の質問 ・http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1148974486http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1021157125http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1411746709http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1263477352http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1110184651http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1030125940http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1417552724http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1059302710

1

質問者が聞きたいの「本丸御殿」と天守閣の違いだと思います。 現代の例で言うと、本丸御殿は総理官邸、天守閣は東京タワーです。 (今のところ、東京タワーは電波塔の役目もありますが・・・) 横浜で言うと横浜市役所と「みなとみらい」の観覧車の関係、 フランスで言えば、エリゼ宮殿(大統領府)とエッフェル塔の関係です。 本丸御殿には「奥」と呼ばれる殿様の住居と、「表」とよばれる藩政、幕政を行う政庁とが入っています。 昔はエレベーターがないので平屋建てかせいせい二階建てです。 これに対し天守閣はシンボルタワーなので、少数の例外を除いて普段は人がいません。 物置として使っていたところもあるそうですが。 横浜市長さんが観覧車で執務していたら楽しいでしょうけれどね・・・ 江戸城などは4代家綱の時代に天守閣が火事で焼けたので、節約のためにその後200年、ついに幕府崩壊まで天守閣を再建しませんでした。 単なるシンボルタワーなので、なくてもやっていけたのです。 なお、「丸」は城壁でぐるりと周りを守られたエリアのことで、一番重要な「丸」が本丸です。本丸御殿や天守閣は「本丸」にありました。

1人がナイス!しています

0

もっとざっくり書くと,「〜の丸」「〜の郭」って言うのは塀で区切られたエリア。 「天守閣」って言うのは本丸に建てられた,建築物です。

0

本丸とは、お城の中心となる区画された場所を言い、天守閣とはそこに造られた三重以上の非日常的な建物の高層建物を指します。 お城は、大手門から始まりさまざまに区画された場所によって構成されています。典型的な場所は、三の廓(かく)(曲輪くるわ)=三の丸、二の廓=二の丸、本廓=本丸などです。 これらの場所は、基本的に兵を配置する場所で、本丸は文字通りお城の中心の場所で、ここに大将が陣取ります。ここが敵の手にわたると落城となります。 一般的な城は、外側から三の丸、二の丸、本丸と同心円状に「輪郭式りんかくしき」といわれる城が多いですが、本丸が一端にあって、階段状に三の丸から一段ずつ高くなる「梯廓式ていかくしき」と呼ばれる形態などもあります。 天守閣は、御殿ではなく城のシンボル、ステータスのほか敵や領地の確認のために、大抵本丸内に造られた建物です。江戸時代初期に、造成の場合は幕府に届け出制となって以来、造られることはありませんでした。要は造ることを禁止されましたので、天主がある城は江戸時代初めまでに造られた一部の城のみということになります。

0

「天守閣」は建築様式のこと. 「本丸」は城の中核となる建物のこと. だから城に天守閣があるとは限らないし,天守閣のある建物を本丸にする必要もないですね.