ここから本文です

有酸素運動について。 有酸素運動の目安は脈拍120/分らしいですが、 120くらい...

new********さん

2011/7/1516:31:45

有酸素運動について。

有酸素運動の目安は脈拍120/分らしいですが、
120くらいまで脈拍を上げると、軽く息が切れてしまいます。

息が切れるのは無酸素運動で意味がないと言われましたが、
正直どちらが良いのですか、

・少し息が切れても脈拍120程度の運動
・脈拍100前後でも息を切らさない楽な運動

どちらが有酸素運動に適しますか?

回答お願いします。

閲覧数:
3,682
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ara********さん

編集あり2011/7/1521:32:02

まず、有酸素運動領域というのは年齢や個々によって違うし、トレーニングを重ねればその領域も広くなることを覚えておいてね。

本来なら個人の持久力などから算出するのがベストなのですが、有酸素運動に密接な心臓の働きがほぼ年齢に比例することから、ここでは一番簡単な簡易220公式という方法で算出してみますわね。

簡易220公式=(220-あなたの年齢)×55%~65%
つまり、あなたが20才なら110拍/分~130拍/分が最も有効的な有酸素領域ということになりますわね。

もっとも普段ほとんど運動をしないのなら下限を50%に押さえてもいいし、普段からたくさん運動しているのなら上限を80%にあげたりと持久能力に合わせるのがベストよ。

上記の計算方法で脈拍数が有酸素領域に入っているならば、息が切れても「有酸素運動」ということになり、その領域内で息が切れている間は単に「持久力不足」ということになりますわ。息が切れる心拍領域が徐々に上がってくるようになることが一般的に言う「持久力がつく」ということと思ってください。

どちらが有酸素運動に適するかという問いですが、上記理由によりおそらくどちらも有酸素領域ですが、最初から無理することもないので息を切らさないことからはじめればいいと思いますわ。

一般的に上記計算方法の30%以下の心拍数は「運動」とは呼べない散歩状態、80%を越えたゼイハァゼイハァ状態が無酸素運動領域となりますが、無酸素領域は個々の能力に寄るところが大きいので一概に80%以上というのは少々不見識だと思いますので、実像として息が切れるなどという軽いものではなく文字通り100mダッシュ後のような状態を指します。

このような説明でよかったでしょうか?

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

far********さん

2011/7/1516:45:15

しゃべりながら出来るくらいのペースの運動がいいらしいですよ

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる