ここから本文です

ヂメチコン~→シャンプーリンスや、整髪料、トリートメントなどに”ヂメチコン”とい...

kinglovequeen516さん

2011/7/2003:04:49

ヂメチコン~→シャンプーリンスや、整髪料、トリートメントなどに”ヂメチコン”という成分が入っている物が多いです。
この成分は髪をコーティングしてツルツルにするそうですが、剥がれるときに髪を傷めてしまうと聞きました。

本当ですか?

補足解りやすくご説明頂き納得です(^-^)
再度確認ですが、髪が傷むのは洗浄力のある物で洗わなくてはいけないからですか?
シリコンが剥がれるときにシリコン事態が髪を傷めるからですか?

両方でしょうか?

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
307
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mouhu27さん

編集あり2011/7/2013:17:29

事実です。
シリコンと言われる成分で、シャンプーやリンス、クリームやトリートメント以外にも
、乳液など
多くの化粧品に配合されています。

メリットもありますが賛否両論があります。髪のダメージが特にひどい場合は使用してもよいと思いますが、頭皮を洗うシャンプーなどに入っているのは個人的にはおすすめしません。(理由は主に下に記述してあります)




メリットは、ジメチコンなどの成分は、シリコンは、髪を健康なキューティクルのように指通りをさらさらにして、外部ダメージ(温度・紫外線・水・物理的・化学的ダメージ)から守り、髪内部のアミノ酸を基とする構成要素の流失を防ぐ。

特性として、オイル状でありながら使用感が非常にさらさらであることから化粧品配合に適していて、原料は地球上に山ほどある。
つまり安価に大量に生産可能。

デメリットは、髪だけではなく毛穴にも詰まって薄毛・脱毛などの原因になる。またシリコンは洗浄力を低下させるので、どうしてもそれをカバーする洗浄力の高い成分が必要になる。洗浄力が高すぎると、逆に頭皮の乾燥の原因になります。


ノンシリコンシャンプーなどもたくさんありますが、シリコンがすべて悪いわけではなく、だいじなのは成分のバランスだと思ってます。
ノンシリコンというだけで市販のものよりは少し高くなりますし、シリコンを使っていなくても、ほかのコーティング剤が入っていてはあまり意味がない。

ほかにも大量に安価で購入でき、瞬時に効果もでますが髪や頭皮にはよくない成分ありますし。

補足拝見しました。
両方です

シリコンを配合すると洗浄力が落ちるので、洗浄料の強いラウリル○○、ラウレス○○、などの成分を配合して補うのが必要になるというのは、髪というよりも頭皮への悪影響ですね。
シリコンはキューティクルと一緒に剥がれ落ちてしまう問題は、髪への悪影響です。

質問した人からのコメント

2011/7/27 01:43:37

感謝 疑問がすべて解決しました。
素人の私にもわかりやすくご説明いただき感謝いたしますm(__)m
髪に合わないシャンプー、トリートメント、整髪料が多く悩んでいました。
シャンプーはIKKOさん宣伝の物でかなり綺麗になりました(*^_^*)
後は整髪料で悩んでいます。
脱シリコンでがんばります(*^_^*)

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。