ここから本文です

どうして神や仏を信じるのですか?

jya********さん

2011/7/2617:49:20

どうして神や仏を信じるのですか?

神や仏(人間が悟りを開いた状態や即身仏などではなく如来や菩薩などのいわゆる仏様)を見た事がある人はいますか?
見た事がある人はその体験を詳しく教えて下さい。
錯覚や幻覚や単なる心の中の出来事ではないと証明出来るなら、それも詳しく教えて下さい。
見た事がない人で神仏を信仰している人は、何故見た事もない者の存在を信じる事が出来るのかその根拠を教えて下さい。
神を信仰している人は何故仏ではなく神を信じているのか、仏を信仰している人は何故神ではなく仏を信じているのか教えて下さい。
そしてその信仰に誤りがないと思える根拠を教えて下さい。
聖書や経典に書かれている現実では有り得ないような事を手放しで信じられる根拠を教えて下さい。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
2,058
回答数:
7
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hak********さん

リクエストマッチ

2011/7/2706:09:48

座禅の一時、お釈迦様が顕れたり、イエス様が手招きされた経験があります。
しかし、ご指摘のようにお言葉も無く、幻覚であろうと縁切りに努めたものです。

しかも、お釈迦様は座像で、イエス様は白衣の立像で聖処の偶像の姿でした。
貴方様の神仏の存在への、疑問に答えるのは、相当な苦労が必要と感じます。

人は物質で、今日死ねば焼かれ、明日は一片の灰に変わる、と認めてください。
同じく、生命維持の統合手段で脳が働き、精神が誰にでもに生じていることも。

火が燃え・雲が湧き発つように、精神の源、心は人間の物質の姿と見て下さい。
心の源である肉体は、36億年の進化と、16万年のDNA連鎖で解析されます。

人の特徴は鷲の翼・虎の牙のように、二足歩行と脳の智力で淘汰を越えます。
この自然淘汰を超えた能力で、火・道具、言葉・絵・文字を創造して来ました。

物質の人類が、動物より広く抽象的な空間を共有する手段を見付けたのです。
人の心の伝達に言葉が活用され、文字が時代を超えて、伝承を可能にします。

貴方と私の心の交歓も、物的な文字のこの画面の視覚・刺激を通しています。
小家族の不安な採取旅行も、生存力の獲得で、大勢の社会に発展し得ました。

大勢になった生活での悩み・苦しみ、互いの利害の調節から倫理も生みます。
それらを、言葉・絵・文字・像などを活用して、聖なる姿を象徴に造り合います。

5千年以上も続く、宗教の変遷と伝統は、その能力を持った民族の証明です。
700万年の進化と伝承で、人の心に発達した「神」の恩恵への実感があって、

自然環境で、ヒンドゥー・ユダヤ・仏教・キリスト・イスラムなどと多彩の限りで、
各々の聖なる偉大な神仏も、誕生した愛し子に一から教える必要があります。

自然に神仏を教えているのが、社会の文化・常識で、それも変遷してきました。
日本にも、神棚や仏壇、尊いものに手を合わせる、文化が一部残っていますね。

イスラム教は1日5回の礼拝や、コーランで信仰を嵩める文化に溢れています。
物質の肉体から生じた、現象での心の道具として、聖域は個性が豊かですね。

何千年の経過で何百億人もが信じ、確信を懸けて争いもする信仰の世界です。
人は神の存在を環境に応じて知り得るので、導きと学びが必要で工夫されます。

伝統の神仏が満ち溢れていれば、親達は世に添えるように、愛し子を育てます。
この文化で、神に依って人が在るとし、心の源となる、象徴の神仏を完成します。

神仏は個人の適応力に応じて、どの様な聖霊かは、人に添って変わって来ます。
時代や人を超え共に信じ得る、神仏の形成への働き掛けが信仰者の人生です。

物的に唯一の人は、同じではないのに、人と呼び合って心を交換し合ってます。
環境や生活で条件が変化し、価値観も変わって、宗教が心に合わなくなります。

結果、神仏が見えず・信じえず・無関心から、極端には有害とさえ言いだします。
その毎に、聖書や仏典が書き足され、書き換えられて来たのも史実と知ります。

人が人らしく在って、人らしく生きて、信頼し合えるための道具の一つですから、
人を物質と観る文化が、心を科・化学的に探求し、神を排斥するのが証拠です。

しかし、物質の人の心に湧いた神仏は、物的な存在そのもので、現実なのです。
今、<IT文化>で世界中の人々が対話して、心を交歓し合う新しい時代ですね。

当然、人の精神も新展開(進化)して、新しい聖域を創る可能性が高くなりました。
未完で不完全な神仏も、信じなくても「愛に満ちて」救われる完成へ進むでしょう。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tre********さん

2011/7/2621:49:45

神や仏というものは、信じるものではなくて、本来は、思い出すものです。
夢から醒めて、やっとわかるものです。

何が夢かというと、人間に起こるイマジネーション(想像)や、下の方が書かれているように、この”現実”と呼ばれている世界のことです。

そのとき、「神」や「仏」という、(使い古された)観念を超えたものに会うことになります。

質問の答えにはなってないかもしれませんが、^^;いちおう回答してみました。

mum********さん

2011/7/2620:17:19

なぜ神を信じるか。

宇宙はビッグバンから起こり、偶然にできて生物が進化し、人間になったという自然科学が信じられないからです。

もちろん、神を見たことはありません。しかし、ビッグバンを見たことも動物が人間に進化した場面も見たこともありません。

仏陀はこの世界は幻の世界だと言います。
この考えによって、一瞬にして自然科学の誤りの謎が解けたように思います。

この世界は幻覚の世界です。これが真実であると思います。
この世界の物質や出来事が錯覚や幻覚でないという証拠はありません。しかし、この世界が実在の世界だという証拠もないのです。

幻覚とは夢のことです。夢ができるのに一々ビッグバンや進化論は必要ないのです。なぜなら、夢は心の記憶によって一瞬に世界ができるからです。

では神とは誰のことか。
我々は人間です。この世界は夢の世界ですから、我々人間は存在しません。しかし、フトンの中には実在の自分がいなければ、夢の世界はできません。この実在の世界の自分が『神』なのです。

プロフィール画像

カテゴリマスター

nin********さん

編集あり2011/7/2622:48:31

仏教では六道輪廻という概念があり、六道(6つの世界)とは、下の位から、地獄界、餓鬼界、畜生界、人間界、阿修羅界、天界(神々の世界)とされており、私達の魂は無始の過去から現在に至るまで、この6つの世界の中を生まれては死に、また生まれ変わっては死に、を繰り返してきた(輪廻)とするのが六道輪廻の概念です。各界とも寿命が存在しており、その生の寿命が尽きると因果律の法則に基づいて、つまり生前の行為に応じて相応しい界に次の生として生まれ変わるとされています。しかし釈迦は、六道の中の最高位である天界ですらその寿命があるがゆえに無常であり、したがって絶対的な幸せとは言えないとし、六道輪廻からの脱出(解脱)こそが絶対的幸福の得られる最終目的(涅槃)であり、そこに至るまでの方法論を世に説いたのです。このように仏教では天界をも超えなければならないとした点で意識として神よりも上ですが、神々もまた人間とは比較にならず上であるため、我々一般人からすればどちらも信仰の対象となり得ると思われます。と、ここまでなら仏教各宗派の方々の間でもあまり異論が出ない部分でしょう。ご質問の「実在の根拠」ですが、本来、私のような仏教上の無知者が述べることは能力的にも道義的にも出来ない(してはならない)ことなんですが、あくまでも個人的な見解として、例えばデジャヴ、あるいは正夢を経験したことのある人なら、何故かと不思議に思う筈です。それが過去の「記憶」に過ぎないならば大した問題ではないのですが、記憶では説明がつかない(あくまでも自分自身に対して、ですが)場合、つまり人間の「脳力」では説明がつかない場合、自身の納得出来る理由を探したくなります。述べてきたような世界の実在する可能性は五分五分、死んでみないとわからないし、科学的証明など鼻からありませんが、リスク発生の確率としてはかなり高いのではないでしょうか?

kou********さん

2011/7/2618:45:31

自分は、完全には信じてないけど…

神様みたいなものは、居るかも知れないし…居ないかも知れない。

結局、誰もわからない。

宗教に依存した盲信は、愚かだと思うけど…ガッチガチに、信じない!…って人も、科学への盲信だと思う。

そもそも、目で見た画像自体が、眼球で見た情報を、一度脳内で変換しているから。

誤変換もあるし、思い込みによる情報の削除もある訳で。

なんとなく…


居ても良いんじゃない?みたいな、畏敬の念があったほうが、心豊かに、人生を楽しめると思う。


日本では、不思議な現象は、みんな神様。


それで良いんじゃないですか?

宗教戦争何て、愚の骨頂だと思いますよ。

居るかどうかも、わからないものに振り回される何てね(笑)

vak********さん

2011/7/2618:36:30

あなたの考え方は余りにも唐突すぎます。

偏った新興宗教は除いて大抵の人は
神も仏も両方信じていると思いますよ・・・ただ
皇室だけは別です。
皇室は天孫二二ギノ命と言う天孫族の子孫の
神武天皇を祖として居るから日本神道の中枢に居る。

森羅万象全てに此れ神在り!
人の心の中に仏在り!

あなたは初詣でに行きませんか?
お墓参りもしませんか?

形は違っていても、神を信じ仏を信じると言う事です。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる