ここから本文です

エコカラット小端施秞とは

naoco216さん

2011/7/2910:35:14

エコカラット小端施秞とは

エコカラット取り付けの際、小端施秞という物を使用することになりました。

読み方を教えてください。

またこれはどういうもので、絶対必要なのですか?

閲覧数:
2,625
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

gogo_gocartさん

2011/7/2917:41:41

一般的なタイルはシート状になっていて一度にまとめて貼れる様になっています。
そういう一般的な平面に使うタイルは角平と言って、仮に150mm×150mm×10mmだとすると、見付部分となる150mm角の部分が施釉(表面デザイン有)で10mmの断面部分はタイル素地のままとなります。

小端施釉は役物と呼ばれるタイルです。役物は普通の角平とは少し違う役割を持った物という意味です。
http://iinavi.inax.lixil.co.jp/prod_data/photo/hinban.php?code=3&te...
これ見てなんとなく判ると思いますが、タイルの断面もデザインが施されていて、壁面の出隅部分等に使う為のものです。
例えば角が丸くなっていて、同じく出隅部分で使うものを面取り、タイルがL型になっているものを段鼻と言います。

出隅コーナー部には、タイル小口にも施釉されたものの方が見た目も施工性も良いですので役物は使用するべきですね。
入隅部分には使用しません。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。