ここから本文です

「very well」と「very much」の文法的な違いを教えてください。

asd********さん

2011/7/2915:07:59

「very well」と「very much」の文法的な違いを教えてください。

よろしくおねがいします

補足Books are sold very well.
では、この文がなぜ違うのか教えてください。

閲覧数:
6,680
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

cha********さん

2011/7/2915:19:20

very well は「上手に」と「十分に」

He plays tennis very well. (彼はテニスがとても上手です)

He knows tennis very well. (彼はテニスのことをよく知っている)

He slept very well last night. (彼は昨夜はよく眠れた)

very much 「大変に」「非常に」「大いに」

He likes the movie very much. [彼はその映画がとても気に入っている]

He enjoyed the concert very much. (彼はそのコンサートをとても楽しんだ)

Thank you very much. (大変ありがとうございました)

日本語でも同じですがことばの結びつきには「相性」があるようで、語呂、習慣などが重なって決まったものもあり、難しいことが多いのです。例えば、「碁を打つ」と言い「将棋を指す」と言います。なるほど、「碁は石を上から打つ」んだ。「将棋は駒を前に進めるから指す」んだ。と解釈して納得していました。ある時テレビで将棋の高段者の対局を見ていたら、「駒を上からピシッと音をたてて、明らかに打っていました」。でも「将棋は指す」です。

たくさん英語を読み・聞き・話して・書いていると自然と身につくものがたくさんあります。日本語と同じでそのつど確認しつつ頭に抑えていくしかありませんね
very much は「量の程度」を示し、very well は申し分なく充分にの、「心的程度」を表します。
詳細に説明しますと、wellは形容詞goodに対応する副詞で、比較級、絶対級は両方ともbetter, bestです。muchはmanyに対応する形容詞/副詞で、被修飾語が可算かどうかで区別しますが、比較級、絶対級は両方ともmore、mostです。
very well/muchの区別に関しては、質的な意味ではvery well、量的な意味ではvery muchを使うといいです。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

マリオさん

編集あり2011/7/2915:19:05

文法というより意味の違いです。
very well・・・「とても上手に」
very much・・・「とても」

~補足~
それはwellには「ずいぶん」や「かなり」といった意味もあるからです。
しかし「well」=「上手に」が一般的な意味です。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる