ここから本文です

プリントヘッドを移植したらキャノンMP600の電源が入らなくなりました。

buu********さん

2011/8/317:09:20

プリントヘッドを移植したらキャノンMP600の電源が入らなくなりました。

電源が入らなくなった他のMP600からプリントヘッドを移植(取り替えるだけですけど)

した途端今まで普通に使えていたMP600の電源が入らなくなりました!!

プリントヘッドを元にもどしてももう駄目です。

なぜだかわかる方いらっしゃいますか?

閲覧数:
2,727
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

a12********さん

2011/8/319:26:40

プリンタの修理屋です。

事例としては多いわけではありませんけど、修理をしているとそれほど珍しい現象ではありません。

状況が分からないところが多くありますけど、一番問題なのは「電源が入らなくなった他のMP600」の状況ですね。
普通に考えれば、そのMP600はヘッドが原因で電源が入らなくなった、と考えることが出来ますね。

プリントヘッドについては、ほとんど理解されていないのですけど、インクを噴射するためのヒーター回路、噴射を制御する回路、これらがノズルの数だけあると思ってよいです。
MP600の場合、3584組あると思ってよいです。

ヒーターには強い電流、制御回路は微弱な電流を流します。
ヘッド内部は絶縁している部分が多くありますが、特定の条件で絶縁部分が壊されて発煙することがあります。
http://cweb.canon.jp/e-support/information/printhead.html

発煙なら分かるのですけど、流れ込んだインクでヒーター回路と制御回路がショートしてしまうことがあります。(推測)
ヒーターの駆動電圧も、ノズルの制御電流もメイン基板から出ています。
もし、ヒーターの駆動電流が制御回路に流れ込むと、それがメイン基板に流れ込んで一瞬で壊れるわけです。

今回はこんな感じじゃないかな?

質問した人からのコメント

2011/8/4 01:35:50

降参 詳しいご回答ありがとうございます。
今回はあきらめるしかないですね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる