ここから本文です

【なぜ漢字で書かない言葉があるの?】ずっと昔から思ってたのですが、漢字で書け...

midomido0809mkさん

2011/8/504:22:36

【なぜ漢字で書かない言葉があるの?】ずっと昔から思ってたのですが、漢字で書ける文字なのにわざわざひらがなで表すのか?テレビのテロップや書物を見ていてたまに不思議になります。

例えば、「生きること」→「生きること」と書いてある。どうして「生きる」だけ漢字で書いて、
「こと」は平仮名なのか??「生きる事」が正解ではないんですか?
「もの」も多いです。「食べるもの」→「食べる物」ではないんですか?

この知恵袋の質問する時の例文もそうです。「子ども」や「聞いたこと」と表している。
「子供」「聞いた事」ではないんですか?

他にも注意して見ているとたくさんあります。難しい漢字は平仮名で表すのは分かりますが、↑の
簡単な漢字も何故わざわざ平仮名で書くのか?これじゃ漢字がある意味がないじゃん!!と思ってしまいます。w
こういう表記の仕方も日本語の読み書きの難しい所なのかな?とも思いますが。

くだらない質問ですみません…。でもどうしても気になって。
誰か教えて下さい!!

補足みなさん回答ありがとうございました。
なるほど。国が定義しているものもあるんですね。
とても気になっていたのですっきりしました。
今回は投票にさせて頂きます。
ありがとうございました。

閲覧数:
6,693
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

編集あり2011/8/510:12:30

他の回答者も言っているように、現在は公用文書は常用漢字表内の漢字を使うとか、補助語は平仮名にするとか、いろいろな規則があります。

ただすべてを平仮名や片仮名で表記することには何の制約もありません。
しかし、とても読みづらいです。
韓国ではハングルという表音式に統一してしまったために、韓国語に無数に存在する漢語の意味が分かりづらく、同音異義語の判別がしにくいといった不都合が生じています。

そこで、漢字で仮名をどの程度の量で使えば、意味が取りやすく、しかも読みやすく、書きやすいかが、工夫されているのです。補助語を平仮名で書こうというのもその工夫なのです。
それから、別の回答者が言っているように、漢字で表記するよりも平仮名のほうが柔らかで優しくなるという効果もあります。その反対に漢語できりっと明瞭に強調する効果もあるでしょう。

だから、知っている漢字を全部はめればいいというレベルの話ではないのです。
現在は公用文書でなくて、仲間内の日本語は相手と会話ができる程度ならば、どんなに表記してもいいわけですから、あなたの思うとおりに表記していいのですよ。
その時は他人の反応も参考にしてください。ひとりで生きているのではないから。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

gotchi0022さん

2011/8/505:39:48

漢字と平仮名の使い分けは特に決まりがある訳では無いです。
漢字とひらがなの使い分けはとくに決まりがあるわけではないです。

同じ文章ですが、漢字が多いと“文章が硬い”印象を受けます。論文やレポートなどには比較的漢字を多用した文体が多いと思います。
一方、ひらがなが多いと見た目の印象(字面:じづら)が柔らかくて親しみやすさを感じます。ただ、あまりにも平仮名ばかりだと読みづらくなるので、限度はあると思いますが・・・。
また、漢字で表すより平仮名のほうがニュアンスが増したりする場合もあります。
個人的には「生きる事」よりも「生きること」のほうが深い意味を持ってるように感じます。

結局、この辺は文章を書く人のセンスではないでしょうか?

テレビの場合、今でこそハイビジョン放送で小さな文字や画数の多い漢字でもクリアに見えますが、アナログ放送だとそういった文字は解像度が低いのでつぶれて読めなくなってしまいます。かといって画面のスペース上、あまり大きな字で入れる訳にはいきませんよね?
そういう場合に平仮名表記にして読めるようにしてました。
時々目にする昔のドラマのエンドロールの文字は半端なくデカイです。とても下品なサイズです。(笑)

また同じテロップでも、人がしゃべっている言葉をテロップで入れる場合は比較的ひらがなが多いようです。
漢字が多いとやはり“書き言葉”っぽく見えてしまうからでしょうね。

書物やブログなど、文字は1人歩きをしますから、漢字が多すぎると書き手が思ってる以上に硬くて小難しいイメージで伝わってしまったりしますから、書いてる内容に合ったバランスで漢字を使うのがいいんじゃないでしょうか。

gnrys062さん

編集あり2011/8/506:03:41

これは、国からのお達しの拡大解釈が原因です。

国からのお達しで、
「~る事」「~して頂く」などは平仮名で書きなさい、等という物があるのです。
しかし、これは個人個人に強制するものではなく、国に関係する機関(各行政機関)にだけ強制力を持つ物です。
なのに、これを拡大解釈して、個人もそう書かなければいけないと言っている人や、中には、各行政機関に向けたお達しである事も知らずに大口を叩いている人も居るのが現実です。
では、実際にそのお達しを見てみましょう。
まず、
====
○ 内閣訓令 内閣訓令第1号 各行政機関

公用文における漢字使用等について

政府は,本日,内閣告示第2号をもって,「常用漢字表」を告示した。
今後,各行政機関が作成する公用文における漢字使用等については,別紙によるものとする。
なお,昭和56年内閣訓令第1号は,廃止する。

平成22年11月30日 内閣総理大臣 菅 直人
別紙(PDF形式(108KB))
====

http://www.bunka.go.jp/kokugo_nihongo/kokujikunrei_h221130.html#kun...
のページ下部に有ります。
どうでしょう?
思いっきり「各行政機関」と記載がありますよね。
別紙の内容も
http://www.bunka.go.jp/kokugo_nihongo/pdf/kunreibesshi_h221130.pdf
に有りますが、「常用漢字外の漢字を使わない」というのも、ここに記載があるのです。
そうです、つまり、各行政機関以外は常用漢字外の漢字を使っても全く問題ないのです。
※国民に漢字制限があったのは、常用漢字の前身の「当用漢字」の時代までです。

余談ですが、あなたは出来る限り漢字で書きたい派ならば、
「沢山」「済みません」「見て居ると」「では無い」などを平仮名表記している事も気になりますね。
「見て居ると」「では無い」を平仮名で書く事は、「~ください」「~こと」を平仮名表記している事と類似しています。

次に、「子ども」に就いてです。
「子ども」表記は、詭弁に基づいて成り立っています。
その詭弁というのは、「子供の“供”は“お供え物”と同じである!子供はお供え物じゃねぇ!」とかいう呆れた物です。
これは全く誤っており、こんな事は一切有りません。
しかし、これが本当に世間で広まりすぎていて、PTAなどもこんなしょうもない事を主張してしまう事もあるようですから、小学校側もこの表記を使う事ばかりのようです。

全く、本当にしょうもない世の中になってきました。

書き忘れたので追記しますが、
「~たち」「障がい」などはちょっと理由が違います。
達については⇒http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1266534757
障がいについては⇒http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1463068979
を御覧下さい。

fontomanieさん

2011/8/504:50:18

言いたいことが伝わらないようでは困りますが、何を漢字で書き、何を仮名で書くかは、人によって流儀があってよいと思います。

qhwpk921さん

2011/8/504:40:18

正しいかどうかわかりませんが(;一_一)。。。デパートに務めていたころ、お客様に手紙を書くときに、漢字は30パーセント以下とか、女性は漢字は少ない目に。。。と。 今、漢字多かったですねか(^^ゞ

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。