ここから本文です

地域の風習と宗派本来の教え、どちらを優先すべきでしょうか? 当方、母親の往生...

d23********さん

2011/8/520:48:59

地域の風習と宗派本来の教え、どちらを優先すべきでしょうか?
当方、母親の往生を機に仏教を身近に感じている真宗大谷派門徒です。
なるべく我宗派に忠実であろうと色々調べていくと、今まで

経験してきた事と食い違う内容が多々あります。
例えは、御仏前と御霊前。おりんの叩き方。お盆の迎え方。お精入れ、お精抜き(真宗大谷派ではそのようには言いません)。法事の意味。などなどです。
私としては、地域より宗派と思っているのですが、地域があり私があると思うと、迷ってしまいます。
そのようなご経験がお有りの方がいらっしゃいましたら、是非ご意見をお聞かせ願います。

閲覧数:
270
回答数:
5
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tav********さん

2011/8/722:07:19

およそ宗教・仏教(釈迦)というからには、人の生き方・自分の心というものをあきらかにしていくものなのでしょう。
けれども、道教や中国輪廻思想の影響を受けた地域の風習のほうが仏教行事として出ていますよね。
お盆・先祖供養など本来仏教とはかけはなれたかたちのものが根づいていますし、戦後経済成長期からは祈祷や占い・水子供養など商売っ気の濃いものまでをも宗教と言い張っています。

いいじゃないですか。
「仏教を身近に感じている」いまの質問者さんの感覚を大事にして、忠実であろうと究めていくことから始めたらいいんじゃないですか。もしそれで「やっぱりちがう」ということなら、そこであらためたらいいことです。
どっちつかず、中途半端になるよりも、せっかくお母さまを縁として抱いた感覚・出あった感覚に真向かいになることのほうが、いま質問者さんのなさりたいことなのではと思います。

わたしがこどもの頃、クリスマスケーキを買ってきて家でクリスマスの真似事をするのが流行りはじめていましたが、祖母は「わたしは仏さまがいればいい」と言って、その輪には入りませんでした。
世間の流行りや風潮・風習に流されないビシッとしたばあちゃんでしたよ。

質問した人からのコメント

2011/8/8 07:14:21

皆様、ご回答ありがとうございました。ベストアンサーはとても悩みましたが、今の私の考えと一番近かったので選ばせて頂きました。他のアンサーも今後、参考にさせて頂きたく思います。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

j_powerさん

2011/8/614:50:31

私は地域のやり方で法事をします

浄土思想により供養は、阿弥陀の浄土に生まれ変わる事です。
本来は49日や一周期などの13仏思想が無く、現在の供養方法は布教活動です。
その為に、地域と他宗派とは違うやり方に成ります。
13仏の供養の意味や概要解説です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%81%E4%B8%89%E4%BB%8F
地域の僧侶は判っていますので、土地のやり方でも問題有りません。
ご先祖様は違う供養方法ですと驚くかもしれませんので、
昔ながらのご供養をお勧めします。

菩提寺さんに失礼では有りませんので、聞いてみては如何でしょうか。

gma********さん

2011/8/522:19:30

あなたの気持ちを優先させたらいい、と思います。

生まれた時から仏教徒で無自覚な人が多く、自分の家の宗派すら知らない、興味ないくせに、葬式や法事、仏壇、位牌が必要になって、世間体や親戚から文句を言われるのが嫌で、あわてて調べたりしているように感じます。

せっかくきっかけがあったのだから、これを機会に、どういうスタンスで宗教に対していくか考えるのは良い事だと思います。
基本的に、今の宗派に共感しているから、それに沿って生きていきたい、とお考えなのだと思います。ですが、中には気持ちに沿わない事を勧められることもあるかもしれません。今回の質問のように地域の風習と反する事もあるでしょう。
どれも強制される性質の物ではないと思います。それぞれ何を選択するかは、あなた次第。あなたの気持ちも含め、メリット、デメリットを天秤にかけ、一番あなたが良いと思う物を選ぶ、て別にこの事に限らないですよね。

地域の風習で、参加できなくて、近所付き合いに支障がでて嫌なら、別に参加したらいいと思います。でも、あまりにも教義に反して、参加するのが嫌なら、近所付き合いを多少あきらめたらいいと思います。
同居の家族が居られるなら、事前に擦り合わせておいた方がいいと思います。何が地域の風習で、何が大谷派の考えなのか。

2011/8/521:07:22

宗教の忠実って何が忠実なの?

檀家制度自体、江戸時代になってからのこと。

お盆にしたって日本独特の風習から生まれた仏教行事。
元々は祖先信仰の神道が元。

地域の人たちが仏教なり宗派なりを受け入れ、それ以前の地域の風習を取り入れて現在の仏教となった。
どっちが優先なんて、始めからないもの。

貴方のお世話になっているお寺と他の地域の同じ宗派のお寺でも、基本は同じでも、多少は土地の風習で違う。
だから貴方が覚えたその「本来の教え」が、実は違う場合もある。
どれが正しいなんて有りはしない。

ましてや門徒。
そんなことはこだわる必要もなかろう。

chi********さん

編集あり2011/8/521:02:38

何事も正式ルールとローカルルールはあるものだと思います。ローカルルールでこじんまりとやってきたところに正式なルールを持ち込むと大げさになって浮いてしまうことがあります。ローカルルールでいいのではないでしょうか。

そもそも仏教はひとつです。宗派が存在するのは教義に対する解釈の違いから生まれたものです。宗派ごとの違いは互いに否定すべきものではなく、それが宗派ではなくローカルルールであっても、互いに否定すべきものではありません。状況がわからないので一概には言えませんが、ローカルルールに従ってきた人たちにとって、真宗大谷派であるあなたが自分が信じるルールを持ち込み譲らないことは、非常に失礼なことだと思えます。本来仏教はひとつで、真宗大谷派はその中のひとつの考え方に過ぎないからです。

私は神仏習合の神道ですが、他人の行いを見ているとイチャモンを付けたくなることはたくさんあります。イチャモンを付ける必要はなくても、私のルールとは違うなと思うことはたくさんあります。しかし、ルールあっての信仰ではありませんよね。信仰があってこそのルールです。仏教のつもりかも知れないけどそんなのは仏教じゃない、などと言うような極端な例でもない限り、地域のルールを尊重すべきではないでしょうか。私は参加する行事の人たちの行いに合わせて行動するように心がけています。

宗派に染まりそれが絶対だと思い込む状況にあるのだとすれば、それは本末転倒のような気がしてなりません。新興宗教で洗脳されたわけではないのですから、もっと大きく寛容にお考えになったらいかがかと思います。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる