ここから本文です

サンバイザーでの山行…頭のてっぺん直射日光にさらされて危険??

cha********さん

2011/8/613:44:35

サンバイザーでの山行…頭のてっぺん直射日光にさらされて危険??

都内在中、登山初心者♀です。
アルプスは夏のみ、春秋は尾瀬など、冬は近くの低山のみ、
テントではなく山小屋泊の初心者レベルです。。

キャップは似合わないのでなるべくかぶりたくなく、
ハットは、髪の毛をポニーテールに縛るので、
いまいちサイズが合わず、風が吹くとずれます。

ハット付属のヒモで飛ばされはしませんが、
いちいちかぶり直してます。。

登山始める前からテニスでサンバイザー使ってますが、
自分の頭にはこれがピッタリです。

丹沢の大山・東京の高尾など、木陰がある低山では、
サンバイザーで問題なく、
雨が降ってもレインウェアのフードかぶっても視界をさえぎることなく、
サンバイザーの利点を感じました。

木陰のない夏の稜線歩きのときは、
サンバイザーでは頭のてっぺん焼かれてボーッとしちゃいますか?
真夏のテニスで体はスッキリしてるけど、
頭がボーッとする経験をしています。。

サンバイザー&てぬぐいorタオルかぶりは、
見た目的に避けたいですが、
サンバイザーのみの山行は危険でしょうか??

ちなみに持っている山ハットはゴアです。
つば広で日焼け対策にgoodと思い購入しました。
UV日よけカバーも持ってます。

サンバイザーが自分は使い勝手がいいのですが、
頭皮守るために(熱中症)似合わないという主観(?)
気にせずキャップにすべきでしょうか??

閲覧数:
7,616
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

うに山さん

2011/8/718:19:14

サンバイザーをメインで使ってるおっさんです。

バイザーの利点のひとつは、質問者様の仰るとおり、雨降り時のフード着用でも使い勝手が大きく変わらないこと。
私などはメガネなのでこのへんはものすごく重宝します。

対して、盛夏の木陰の無い場所での晴天時。
まぁ、髪の毛があるとは言え、頭皮も皮の一部なので、日焼けがひどくなれば大ゴトです。私は短髪なので、けっこう敏感に頭が日に焼けるのがわかりますw
当然、熱中症のリスクも高まりますし、このあたりは先の回答者様の仰るとおり、自己責任になっちゃいますね。
可能であれば、キャップなり、ハットなりがあるのであれば、そちらを使われたほうが良いかと思います。

テニスのときと、登山のときとの差は運動生理学的に何らかの差はあると思います(医師ではないので申し訳ない)。
運動している時間、運動の継続性、使う筋肉の差、思考する内容(瞬間的な判断力の連続と、継続的判断力の連続、など)の差、等々考えられます。
単純に比較できるものではないでしょうし、どちらも実際にされている質問者様なら、このあたりは容易にご理解頂けると思います。
なので、帽子類の差、だけではないと思いますし、むしろ他の要因のほうが大きい気がします。

私は盛夏時は見てくれ度外視で、タオル+バイザーの荒業を使います。
そもそも、バイザーそのものも似合ってないのでいまさら何をかいわんや、ですが。
見てくれ気にして、結局倒れたり、遅れたりして他の皆に迷惑かけるのもなんですし、一番自分が使いやすい!って思っているものを使いたいし。
じゃなきゃ山なんて登れないすw(私は。)

余談ですが、私の友達は(♂で申し訳ないですが)バンダナ+バイザーっていう技を使っています。
デザインや色的にかけ離れてなければ、わりと違和感ないですよ。アレ。

質問した人からのコメント

2011/8/11 20:54:37

感謝 男性でバイザーで、ベテランの方からのお話、
とても参考になりましたm(__)m

私はまだ初心者で、他の回答者様のご指摘通り、
日焼け・熱中症にしか気を配れず、
落石なども大いに関係あるのだと教えていただいて、
自分の認識の甘さを痛感できて、感謝しております、
ありがとうございました。

山は自己責任。
それをふまえてBA様のようにうまく使いこなせるよう山行がんばります!

バイザーは蒸れないのが魅力ですよね^^

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

bpb********さん

2011/8/902:21:26

日除けばかりを気にされているようですが
【怪我防止】のほうが重要ですよ^^;

登山でポニーテールは向いてないと思います^^;

私も長年ロングでしたが、ついに今年ショートにしちゃいました
おさげヘアだとショルダーに挟まり邪魔なのよね~^^;
ロングは
バンダナを被るのも、お洒落ですよ^^

ポニーテールでキャップのときは
キャップのサイズ調節部分の穴状の部分に通してしまえば
飛ばされずに済みますよ

通販で結わえた髪を通す「スリット」があるタイプの物も
売られていますよ千●会とか・・・阪●とか

kaz********さん

編集あり2011/8/619:29:50

帽子があるなら帽子にしてください。
日射病、熱中症、怪我防止
遭難したときの目印にも役立ちます。

登山の服装リストに、なぜ帽子が含まれるのか
良く考えてみてください。

テニスなら、怪我やアクシデントがあっても、すぐ対応出来るかもしれませんが、
山はそう直ぐには助けが来ないんですから。

ハナコさん

2011/8/618:14:02

好きにすれば?

頭打っても、何か落ちてきても、自分のせいなだけです。

ポニーテールに何故するのか?
そちらの方が不思議です。

GORE-TEXのハットも、?
雨だけで良いと思いますが。

pet********さん

2011/8/617:34:55

貴方の好きな物を被って山に登って下さい。
登山は全て自己責任です。
危険と思うなら、普通の帽子を被ったら良いと思いますが?
怪我の予防の為にも、普通のつば付き帽子が良いと思います。
紫外線による髪のダメージも防げます。
自分は季節によって被るものを変えています。
雪山では、シンサレートの中綿入りニットキャップ。
夏山では、帽子の一部にメッシュ生地を使ったベースボールキャップ。
それ以外には、普通の帽子を被っています。

以前、岩場で上方をよく確認せず上によじ登った時に、頭を岩の出っ張りに勢いよくぶつけた時がありました。
その時は頭皮から少し血がにじむ程度でしたが、帽子を被っていなかったら何針か縫う怪我になっていたかも知れません。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる