ここから本文です

著作権について質問ですが、 何故YouTube等の動画共有サイトに権利者でも無い一般...

rig********さん

2011/8/1122:56:41

著作権について質問ですが、
何故YouTube等の動画共有サイトに権利者でも無い一般人が動画をアップロードすれば著作権侵害で違法動画と見なされて削除されますが、 何故警察は著作権侵害とわかっていながら、直ぐに逮捕しないのでしょうか?

法律に詳しい方で宜しいので何故警察が直ぐに逮捕しない根拠に具体的に教えて下さい。

閲覧数:
186
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

JH8VVNさん

2011/8/1123:16:45

著作権侵害は親告罪。つまり権利者からの告訴が必要です。
著作権法第123条第1項
「第百十九条、第百二十条の二第三号及び第四号、第百二十一条の二並びに前条第一項の罪は、告訴がなければ公訴を提起することができない。」
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S45/S45HO048.html

質問した人からのコメント

2011/8/16 10:56:12

成功 ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

out********さん

編集あり2011/8/1209:31:15

一般市民だから。
著作権侵害とは他人の著作物を利用して不当な営利を得るか販売されている著作物を正当な批評など以外で悪意で妨害しない限り違法ではない。
警察が動く著作権(Copyright)侵害はコピー商品の偽物を大量流通させた時。偽物の大量流通が詐欺行為だからね。

無料公開された物や公表してすぐに権利者の販売を妨害しない件では警察権力は市民の言論に介入はしない。

中国では高速鉄道脱線事故、尖閣沖漁船衝突事件や北アフリカ諸国の民主化革命をネットにアップしたら公安警察に逮捕されますが、あなたは市民の言論を権力は弾圧する警察独裁国家がお望みですか?

ヒットラ、フセイン、カダフィ、中国、北朝鮮が独裁国家を作れたのもメディアの著作物の力です。彼らはメディア著作物を利用して権力側の都合の良い情報だけを大衆にばら撒き、その情報がおかしいと批評した人達を著作権や肖像権を口実に秘密警察を使い市民の言論を弾圧しました。

大衆に広く公表された著作物は日本国憲法で市民に与えられた基本的人権が優先されます。
自由主義国家では著作権等より国民の知る権利や報道の自由(報道)、言論や表現の自由(批評)、学問・教育の自由(研究)など基本的人権、フェアユースが優先されます。

警察権力が市民の言論をいつでも取り締まる国家はとても危険です。

YouTubeが削除するのはメディア権力の圧力だ。
http://www.youtube.com/watch?v=UCgb6lyXe-E&feature=player_embedded
なぜTBSの著作物をフジTVとフジ系セシウム君東海テレビが削除する。
ちなみにフジtVグループがYouTubeに圧力をかけてTBSの著作物を削除したのは韓流の放送時間の対比。

著作権の乱用でメディアが国民の言論統制をするのはいい加減にして欲しい。

(引用)
第三十二条 公表された著作物は、引用して利用することができる。この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。
(営利を目的としない上演等)
第三十八条3 放送され、又は有線放送される著作物(放送される著作物が自動公衆送信される場合の当該著作物を含む。)は、営利を目的とせず、かつ、聴衆又は観衆から料金を受けない場合には、受信装置を用いて公に伝達することができる。通常の家庭用受信装置を用いてする場合も、同様とする。
(損害の額の推定等)
第百十四条 著作権者、出版権者又は著作隣接権者(以下この項において「著作権者等」という。)が故意又は過失により自己の著作権、出版権又は著作隣接権を侵害した者に対しその侵害により自己が受けた損害の賠償を請求する場合において、その者がその侵害の行為によつて作成された物を譲渡し、又はその侵害の行為を組成する公衆送信(自動公衆送信の場合にあつては、送信可能化を含む。)を行つたときは、その譲渡した物の数量又はその公衆送信が公衆によつて受信されることにより作成された著作物若しくは実演等の複製物(以下この項において「受信複製物」という。)の数量(以下この項において「譲渡等数量」という。)に、著作権者等がその侵害の行為がなければ販売することができた物(受信複製物を含む。)の単位数量当たりの利益の額を乗じて得た額を、著作権者等の当該物に係る販売その他の行為を行う能力に応じた額を超えない限度において、著作権者等が受けた損害の額とすることができる。ただし、譲渡等数量の全部又は一部に相当する数量を著作権者等が販売することができないとする事情があるときは、当該事情に相当する数量に応じた額を控除するものとする。

一般市民だから。...

thu********さん

2011/8/1123:02:15

とりあえず,あなたが違法性を認知したら,その旨を警察に届け出てください.

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる