兎に角(とにかく)の語源を教えてもらえませんか? よろしくお願いします

兎に角(とにかく)の語源を教えてもらえませんか? よろしくお願いします 兎に角(とにかく)の語源を教えてもらえませんか? よろしくお願いします

日本語12,612閲覧

ベストアンサー

6

「とにかく」は「とにもかくにも」が短縮してできた副詞です。「とにもかくにも」は 「と(あなたが言ったようである)にしても、(あるいは違って)このようであるにしても」 の意味で、つまり「何がどうであれ」「なんとしても」に近い意味合いです。 要は日本語の助詞と指示詞をくっつけたものなので、本来はひらがな表記をするものですが、これを「兎に角」と書くのは当て字で、仏教用語にいうところの……あとはよろしいですね。リンク先を(他の方と同じですが・笑)ご覧ください。 http://gogen-allguide.com/to/tonikaku.html

6人がナイス!しています

その他の回答(4件)

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意
0

↑ 同一ソースからのコピペ3連発m9(^Д^)プギャー

2

【仏教語の「兎角亀毛」からです】 ただし、兎角亀毛の意味は兎に角や、 亀に毛は実在しないもの、言い換えると、 現実には有り得ないものの喩えとして、 用いられたり、実際に無いものを有ると することを言ったもので、意味の面では、 関連性が無く、「兎に角」と「兎角亀毛」 を強引にこじつけた説も有るが、 単に漢字を借りたもののようです。 「兎に角」や「兎角」などの当て字は、 夏目漱石が多く用いたことから、広く 用いられるようになったと考えられます。

2人がナイス!しています

0

兎に角は、「とかく」の当て字「兎角」を真似た当て字で、「兎も角(ともかく)」「兎にも角にも(とにもかくにも)」も全て当て字である。 「兎角」や「兎に角」の当て字は、仏教語の「兎角亀毛」からと考えられる。 但し、兎角亀毛の意味は兎に角や亀に毛は実在しないもの、つまり現実にはあり得ないものの喩えとして用いられたり、実際に無いものをあるとすることをいったもので、意味の面では関連性が無く、「兎に角」と「兎角亀毛」を強引にこじつけた説もあるが、単に漢字を拝借したものである。 「兎に角」や「兎角」などの当て字は、夏目漱石が多用した事から、広く用いられるようになったと考えられる。 とにかくは、平安時代から江戸時代まで「とにかくに」の形で用いられていた。 とにかくの「と」は「そのように」、「かく」は「このように」で、いずれも副詞。 。 http://gogen-allguide.com/to/tonikaku.html

0

兎に角は、「とかく」の当て字「兎角」を真似た当て字で、「兎も角(ともかく)」「兎にも角にも(とにもかくにも)」も全て当て字である。 「兎角」や「兎に角」の当て字は、仏教語の「兎角亀毛」からと考えられる。 ただし、兎角亀毛の意味は兎に角や亀に毛は実在しないもの、つまり現実にはあり得ないものの喩えとして用いられたり、実際に無いものをあるとすることをいったもので、意味の面では関連性が無く、「兎に角」と「兎角亀毛」を強引にこじつけた説もあるが、単に漢字を拝借したものである。 「兎に角」や「兎角」などの当て字は、夏目漱石が多用したことから、広く用いられるようになったと考えられる。 http://gogen-allguide.com/to/tonikaku.html