ここから本文です

交通事故とヘルニアの因果関係 約1ヶ月前に起きた交通事故でないためヘルニア...

jzx********さん

2011/8/1413:55:51

交通事故とヘルニアの因果関係

約1ヶ月前に起きた交通事故でないためヘルニアになりました!

が担当医師はヘルニアのと交通事故に因果関係はないといわれました

実際に事故から腰の痛み足の痺れが出てるのに何故因果関係ないと言われるんでしょうか

会社も休もうとしても休業補償は給料全額分出ない為休みたくても休めない状況ですがいい加減痛みに耐えるのは限界です


そのためあまり通院出来ません
年齢21歳の男です

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
6,634
回答数:
3
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

roc********さん

編集あり2011/8/1502:00:06

損保会社で人身事故の担当者をしています。

過去のご質問も拝見しております。

まず「神経がそとに出てる状態=ヘルニア」とのご理解は誤りです。当然に神経は外に出て、身体の各部に接続しています。

>ヘルニアになりかけといわれましたがなりかけって??

ヘルニアとは体内の器官が、本来の場所から外へ飛び出た状態を指します。ご質問者様の場合には「腰椎椎間板ヘルニア」ではないかと想像しております。椎間板は中心の髄核と、その周囲を取り囲む繊維輪からなっていますが、この髄核が繊維輪を突き破って飛び出ると「椎間板ヘルニア」です。

想像ですが、ご質問者様は↑の状態になく、MRI画像で椎間板が(たぶん後方に)やや突出しているのではないでしょうか。「膨隆」と呼ぶこともあります。私は仕事柄、年間にかなりの数の画像を拝見しますが、「膨隆」の状態にある椎間板は、よく目にします。もちろん年齢と共に症例が多くなると思いますが、お若い方でもスポーツをされている方や、お仕事の内容によってはあることです。

>担当医師はヘルニアのと交通事故に因果関係はないといわれました

もちろん、正確なところは担当医師にご確認されるべきだと思いますが、私見の範囲で回答いたします。

まず、前回のご質問内で(椎間板?が)「黒く変色」となっております。事故後1ヶ月後のMRI検査なので、微妙なのですが、「あまりの腰の痛さ」とのことであれば、MRI画像上「黒く」描出された椎間板は、交通事故によるものでないことを示唆(断定は不可能です)していると思います。

また、腰椎の5番と6番とのお話も出ているようですので、一般的には「腰痛」との整合性がありません。主に下肢(それも左右の片方)に主な症状が出るはずです。腰椎5-6番の椎間板ヘルニアでの腰痛症例もあると思いますが、典型的に他の症状が伴うそうですので、医師であれば判断はそう難しくないと思います。

事故状況も含め、総合的に検討すると、医師の判断が正しいと思います。腰痛の原因は他にありそうです。ヘルニアにこだわらず、適切な検査と治療を受けられることをお勧めします。

「足の痺れ」については「椎間板の膨隆」との因果関係があるかもしれません。「椎間板の膨隆」が事故によるものではなくても、症状と「膨隆」の因果関係があり、且つ事故による外力がキッカケで症状が出現したのであれば、原則として賠償の対象となります。

【追伸】私の回答は保険会社よりになっている可能性がありますので、他の方の回答も参考になさってください。

質問した人からのコメント

2011/8/21 11:28:51

降参 皆さんにベストアンサーって所ですが一番分かりやすかった気がするのでベストアンサーです!!皆さんありがとうございました

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

deb********さん

2011/8/1420:32:38

過去の質問も読みました。

事故から1か月経過しているとの事ですが、整骨院での治療は問題があります。整骨院(柔道整復師)では”診断”が出来ません。その為、後遺障害が残ってしまった場合、取り返しのつかない事態になりえます。
また、今の医師では、適切な治療は望めないように伺えます。
治療先を変更する必要があると考えます。

>担当医師はヘルニアのと交通事故に因果関係はないといわれました
21歳・男性で、今まで既往症自体がない場合、事故によって症状が初めて現出された場合、事故との因果関係は認められます。
これはあくまでも、法的判断が求められる交通事故の損害賠償論での話で、医師には踏み込めない領域です(その為よく判って発言してません)

転院なさることをお勧めします。今の医師とはよい関係は望めません。
相手保険会社が全面賠償に応じているなら、状況をきちんとお話しして、治療先を紹介してもらうことを考えても良いと思います。
今のままでは十分な治療を受けられず、ご自身が困ることは目に見えています。
お仕事を休んででも、きちんと治療を行うべきです。治療方法を間違えたり、理解ある医師に巡り合いませんと、後遺障害が残る場合もあり、対応如何では、一生後悔する事もあります。

一番良いのは、ご自身に自動車保険があるなら、その保険会社に相談したり、代理店さんに相談したりして、どう対応すべきか教えを乞うことです。
その方々に、新たなる治療先を教えてもらったり、適切な対応を教授してもらうことが、ご自身のためになると考えます。こちらを優先してください。

過去の質問を見る限り、後遺障害が残る可能性が懸念されます。
適切な治療を行わないと、最終的な”つけ”はご自身に帰ってきます。専門家より『治療先・方法・お仕事』に関しアドバイスを受ける必要があると思います。
今はまず、適切な治療を受けること、専念する事が何より重要です。
お大事に。

k_o********さん

2011/8/1417:51:07

事故との因果関係が無くても耐え難い痛みに対しての
治療は受けないのですか?

誰しもヘルニアになる要素は持ち合わせています。

事故が原因でなくとも痺れたり痛みが有るのであれば
健保を使用してでも治療は受けるのが普通と思います。

交通事故でヘルニアにならないとは言いませんが、事故
時、歩行不可能(痺れ等)で入院とかされましたか?

また、椎間板が変形するほどの外圧がかかりましたか?
この場合即入院と医師は判断すると思います。

お大事に

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる