ここから本文です

「視覚障害者の白杖折損増加」の影で、自転車側の転倒人身事故は?

nic********さん

2011/8/1619:54:28

「視覚障害者の白杖折損増加」の影で、自転車側の転倒人身事故は?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110816-00000035-mai-soci

自転車の前輪スポークとフロントフォークの間に小枝がひっかかり、
タイヤがロックして転倒したことがある者です。

言われてみれば走行中の自転車スポークに白杖が入り込むことは
ありそうな事故。

視覚障害者の方は見えていないわけですから、もちろん責めることはできませんし、
バリアフリー社会として本来、周りが注意するのが当然。

でも万一の際、フェールセーフな仕組みとして、すぐに折れる構造に
なっているものなのでしょうか?

折れてくれれば物損で済みますが、折れなければ前転転倒、
ヘルメットしてなければ重大人身事故に直結するので。

あるいは逆に、ゆっくり挟まっただけでも、すぐに折れてしまう
ものなのでしょうか?
その場合、杖の弁償にかかるお値段はいくらくらい?
自動車保険のように、家族で自転車の保険加入必須かも。

補足質問は、白杖のお値段と、「万一」の際の折れやすさ等の人身安全性、よろしくです。

例えば路肩50cm白線1本の道路で白杖手にコンビニ出たところで、
たまたま通りかかった女子高生の前輪に杖つっこんでしまい転倒、顔面重傷ケース。

あるいは、散歩中の小型犬の目をついてしまい失明事故など。

「万一」の例がショボくて済みません。

閲覧数:
1,566
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nek********さん

2011/8/1714:13:34

障害・高齢者のカウンセラーをしています。

いや、そもそも折れたら困るものが白杖というか、自転車の車輪に突っ込んだ時の安全性云々より、折れやすいことの不都合の方が大きいから、白杖は折れちゃいけないものとしてできています。まあ普通に、杖は折れちゃいけないものだと思います。
また、これは補装具というものです。補装具は、その人の障害を補うためのものであって、これがなかったらどうしようもないというものです。その意味においても、杖側に折れてもらっては困ります。
また、ものすごく乱暴な例えなのですが、車椅子で他人にぶつかった時に危険だから、いざという時にはバラバラになりますとか言われたら、「は?」と思うでしょう。また逆に、何か挟まった時に危ないから自転車のスポークが脆い素材でできてますとか言われたら、それは不良品というか、普通に使うことが危険な物品になってしまいます。

実際に、折れるのは折りたたみ式が多いです。折りたたみの接合部はどうしても弱いので、直杖より折れやすいことになります。直杖は、わざとそうしようと思わない限りは、折れにくいですね。

今までの判例ですが、白杖をもっている=免責というのは、これは間違いです。
現に怪我等をしている場合には、ある程度の見舞いとか賠償請求が行われることはあります。しかし、「視覚障害者側に、見えている人と同じ注意義務は求められない」ということで、過失割合が減じられます。その杖の使い方が、非常に不適切なやり方であったり、当然の注意義務を果たしていない場合には、過失割合は増えます。これはケースバイケースです。

> 路肩50cm白線1本の道路で白杖手にコンビニ出たところで、たまたま通りかかった女子高生の前輪に杖つっこんでしまい転倒、顔面重傷ケース。
> あるいは、散歩中の小型犬の目をついてしまい失明事故など。

まあ後者は現実的に、目をつくような振り方はしないケースですし、これは飼い主が気をつけなければならないと普通に思います(器物損壊ということになるでしょう)。前者は、気の毒とは思いますが、記載の通り、転倒させた側がどれだけ不自然な動きをしていたかによるでしょう。ですが、当然、自転車側の注意義務も問われます。そして、前述のように、これは自転車のために杖側が折れるようにすべき問題ではありません。

杖の値段は、3,000円~5,000円と見ていただければよいかと思います。杖の修理には公的な援助が出ますが、それとは関係なく出した方がいいのでは。
http://yougu.nittento.or.jp/category344_343.html


> 家族で自転車の保険加入必須かも。

おっしゃる通りだと思います。これは可能性の問題ですが、杖の賠償ではなく、自転車で誰かをひっかける危険性の方が高いわけで、自転車ユーザーは(私も自転車を使いますが)、車両という認識は必要だと思います。

ご参考までに。

質問した人からのコメント

2011/8/17 14:30:54

感謝 詳しいご回答、どうもありがとうございます。折れたら困るのも分かりますが、でも自転車の前輪スポークに異物が挟まると本当に危険なんです。(業界安全規格無さそう)人身怪我よりは、物損弁償+予備携帯がお互いに理想そう。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

par********さん

2011/8/1621:02:19

白杖に引っかかった場合のことを考えているあたり、『自転車で歩道を走る』ことが前提になっているようですね。
質問者さんが提示したニュースのページを、もう一度きちんと読んでみてはいかがでしょうか。
そのニュースの中で、「9割が自転車の歩道走行に危険を感じ、1割は「歩道を走らないで」と求めた」と書いてありますよ。

歩道を走らなければ、視覚障害者とすれ違う事はありません。
どうしても歩道を通る場合は、「自転車を下りて歩く」というルールのはずです。


ちなみに、私は聴覚障害者です。
後ろから自転車が走ってきてベルを鳴らしたようなのですが、私は聞こえなかったので普通に歩いていたら、自転車がまっすぐ私にぶつかってきました。
自転車に乗った人は、私を睨みながら走り去っていきました。
だいぶ前の出来事ではありますが、このとき一方的に睨まれた悔しさは、今でも忘れられません。
また、この経験は、一度では二度ではありません。
正直なところ、自転車に乗る人のすべてが憎いくらいです。

これまでにも、知恵袋でこういうことを書きましたが、質問を削除して逃げられました。

自転車が歩道を走る危険性について、多くの人が真剣に考えてくれる事を、心から願っています。

xvx********さん

2011/8/1620:24:47

杖の話はわかりませんが、

自転車に乗る限り加害者になりえます。
当然保険には加入しておくべきです。
「個人賠償責任保険」が家族にひとつあればOK。
自動車・火災・傷害保険に特約として付いています。
自動車保険に付けると示談交渉もあります。

視覚障害者のそばを通過するのに何の注意もせずに自転車走行するのは考えられません。
普通は事故にならないよ。


あっ、最近の安い自転車(中国製?)ってスポークが折れて引っかかり転倒事故になるケースもあるらしいよ。
信頼おける商品の選択もしないとね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる