ここから本文です

対人恐怖症ってどんな症状ですか? 私は中学生ですがクラスの人が話していたり、笑...

kur********さん

2011/8/2118:33:25

対人恐怖症ってどんな症状ですか?
私は中学生ですがクラスの人が話していたり、笑っていたりするのが、自分の悪口を言っているのではないかと不安です・・・。
被害妄想、そんなこと言っているはずがないと

言い聞かせますが、やはり怖くて不安です。
自分は暗くて無表情で気持ち悪い奴だと、思い嫌いです。
なので自分の部屋で一人きりで居る時以外はいつも愛想笑いで明るい自分になるようにしています。
友人とも二人きりで話すと、黙っている時間が多く相手が不愉快に、自分と話すことが面白くないと思っているのではないかと考えると苦しいです。
家族とも目を合わせて話すことができず、冷や汗をかくこともあります。あいさつでさえ友人と一緒ではないとまともにできません。
発表なんてとんでもなく嫌です。クラスで自分は嫌われているのでは・・・避けられているのではないかと思うと教室にいること自体が恥ずかしくて怖いです。
先生が私の名前を呼んだり、みんなの前で注意したりするだけで怖くて逃げたしたくなります。
家族でさえも明るく振舞おうと、頑張って学校での出来事に嘘が入るたびこんな自分は嫌だと演技をするのは疲れたと思うようになりました。
毎晩、学校や外出したときのことを考えると泣きたくなりますが泣く=自分にあまく、弱いと考えているので我慢しています。
対人恐怖症だから仕方ないと人とかかわることを避ける理由が欲しいだけかもしれません・・・。
もう声がでなければいいのに、朝起きたら消えていればいいのにと思うこともあります。
そんなのもきっと私が、自分にあまいからだと思います。
対人恐怖症とはこんな症状がでるのでしょうか?
将来、一人であいさつもできないような人間になるのは嫌なのでなにかこれから普通にいられるには病院にいくしかないのでしょうか?
※多汗症(と病院で言われました)赤面症(だと思います)人見知り等も関係あるのでしょうか?
長文失礼いたしました。
文も意味不明だと思いますが、答えてくださるとうれしいです。

閲覧数:
13,957
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yuu********さん

2011/8/2716:28:39

対人恐怖症の症状、原因、治療方法については、ネットでもいくつかでています。

(参考)http://www.taijinkyouhusyou.com/

あなたの心が解放されて、楽しく生きることができるように変われればと思います。

以下の文章は、ある心理学の本に掲載されていたものです(抜粋)。参考になれば幸いです。

●なぜ引け目を感じるのか、負い目を持つのか

対人恐怖症の人は絶えず相手に好印象を与えていないと、相手に見下されているのではないかと恐れるという。
また絶えず相手に好印象を与えないと、見捨てられるような気がしているともいう。
対人恐怖症の人は、自分が相手の迷惑になるのではないか、自分が相手の負担になるのではないかと、いつも恐れている。
自分という存在が迷惑になるのではないか、自分という存在は人を不快にさせるのではないか・・・。そのような恐れがなければ、どうして人前で完全な自分でなければならないと感じるのであろうか。
彼らはそのように自分の存在に対して引け目があるのではなかろうか。あるいは自分の存在に負い目があると言ってもいいかもしれない。
自分を相手によく見せようとすることだけに気を使う人は、相手に警戒心のある人である。つまり相手に気を許していない。相手を恐れているが、相手を愛してはいない。

●「人にどう思われているか」で自分を見ていないか。

・シャイな人は、人から否定的に評価されことを恐れる。なぜか?それは自分を否定的に評価しているからである。
人から誉められることに心理的安定を求めているから、逆に人から否定的に評価されることで心理的に不安定になるのである。また人を恐れるのは、他人が自分をどう思っているのか、他人に自分は愛してもらえないのではないか、他人に自分は受け入れてもらえないのではないかということを、いつも気にしているからである。そのような人は人に嫌われることを恐れているから、自分の感情をそのまま表現できない。
しかし、人の目、自分の目から実際の自分を隠そうとする限り不安はつづく。人から好意を失うのが怖い。そのために自分を裏切る。そのために自分の本当の感情を裏切る。

・シャイな人は他人から拒否されることを恐れる。そして遠慮する。甘えを抑える。遠慮しないと拒否されるように感じるのである。甘えを抑圧すると当然の結果として攻撃性も抑圧されてくる。甘えが満たされないのだから、不満になる。しかし、その不満を更に抑圧しなければならない。しかしその攻撃性を表現すれば受け入れられない。自分の中に攻撃性を抑圧している人は、自分が他人を害するのではないかといつも恐れる。つまり加害恐怖になり、気がねがひどくなる。

・シャイな人は断られるのを恐れて人を誘えない。そこで、何もしないことで解決する。離れていることで安全を選ぶ。つまり拒否されるより、一人でいるということである。このことを「防御的孤立」という。心の底で孤独感に苦しんでいるからこそ、人に受け入れられることを求める。心の底で孤独感に苦しんでいるからこそ、人に愛されることをしつこく激しく求める。そして人に受け入れられることを求めるからこそ、人から拒否されることを恐れる。要するに、神経症的な人は悪循環に陥ってしまっているのである。

●まずは弱点より長所に目を向けること
神経症の人は人に嫌われることを恐れているから、自分の感情をそのまま表現できない。そうすると取り返しのつかないことになるのではないかと不安なのである。つまり怒りの感情をそのまま表現すると、その人との関係が切れてしまうという不安である。愛情欲求が満たされていないだけに、すでにある関係にしがみついている。しかしその関係に自信がない。その関係が大切ではあるけれども、不満でもある。それだけに自分の感情をそのまま表現はできない。不満があるとき、不満をそのまま表現すれば、その関係が壊れてしまうと恐れるからである。
見捨てられる不安を持つものはいつも不満である。不安な人は、他人に気に入られるために自分を殺すから、いつも不満になる。不安という感情はきわめて強い感情であり、これに勝つことはなかなかできない。そこでその不安のためにいろいろな感情の抑制や、抑圧が出てくる。
大切なのは、自分の弱点ではなく、自分の長所に注意を向けること。自分を嫌う人でなく、自分を気に入ってくれる人に注意を向けることである。

●自分を隠そうとする限り不安は消えない
自分の不安から目を背けないことである。自分が不安であること、自分がいま自分に何かを隠そうとしていることを認めることである。
“自分は自分であればいい”と心に刻みつける。
自分はこの体で、この能力で、この顔でしかないのだと感じることで、“自分は自分であればいい”と、ありのままの自分を受け入れることができる。
そうすれば、理想の人間を演じるのではなく、実際の自分の潜在能力を実現できる。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sjz********さん

2011/8/2401:41:21

対人恐怖症として、森田療法という対人恐怖症治療法があります

この治療法を考え出した、森田正馬(もりたまさたけ)さんは学説を出されました、その学説では

1、ヒポコンドリー性基調:いたずらに病苦を気にする精神的基調のこと

2、弱力性(内向性・心配性・過敏症・心気症・受動的)と強力性(完全欲・優越欲・自尊欲・健康欲・支配欲)を合わせ持つ性格

3、精神交互作用:ある「感覚」に対する「注意」が強くなるとその「感覚」が強くなり、「感覚」が強くなるとさらにまた「注意」が強くなること。注意と感覚の悪循環

4、思想の矛盾:かくあるべしと思う「思想」とそうではない「事実」が反対になり矛盾すること。理想の自分と現実の自分のギャップ

5、生の欲望:向上・発展しようとする欲望

以上が、対人恐怖症の方に見受けられるようです、この森田正馬さんは大正8年にこの治療法を創設しました

質問者さんは2の性格上の問題、3の悪循環、5の欲望が見受けられます

私も対人恐怖症です

現在は、薬や医者を頼らず親友とその家族、彼女さんの力を借りて克服しようとしています

母親はまだ知りませんが、母親の友達にも打ち明けており、手伝ってもらっています

親友の家族にはたまに旅行に誘って貰ったり、彼女さんからたまに遊ぼうと誘われます

質問者さんも難しいとは思いますが、克服を手伝ってくれる友達を作ってみてください

親友は、常に私にメールを送ってくれます、私がこんな世界生きてたって誰も俺を必要としない居たって楽しくないと泣きながら伝えたら、俺はお前が必要なんだ、大事な友達を親友をこんなことで失いたくないと泣きながら私に大声で言いました

最終的にはびっくりするようなことも言われました、親友からは誰にも言うなといわれていますが、質問者様には伝えます

「俺はお前を愛してる、兄弟だとも思ってる、だから死なないでくれ」と言われました

私はこの事を言われて顔を真っ赤にしました

16年間、生きている中で、様々なことが起きました

0歳から一緒に育ってきた親友との別れ、そしてその親友の死

小4から続いたいじめ、そして中学3年でのいじめ終結とクラスメート全員と先生の力

その時に出会った新しい親友

今でも対人恐怖症は治っていません、森田療法でも完治には最速で数十日、遅くて数年かかると言われています

私は、独自の治療というか克服を今年で一年を迎えます

散歩に行ったりということはできるようになりましたが他人と喋るのはまだ難しいです

他人の目を見て話すのは誰でも難しいです、ですので、相手の鼻、眉毛、眉毛と眉毛の真ん中を見るように話すといいかもしれません

meg********さん

2011/8/2118:41:30

個々の症例により、以下とおりさまざまに呼称されるが、それを包括するものである。
あがり症
赤面症(赤面恐怖症)
視線恐怖症
多汗症
体臭恐怖症
会議恐怖
雑談恐怖
強迫観念
西洋社会において一般的な他人を傷つけるか、迷惑をかける、怒らせてしまう自分自身に対する自律的な恐怖より、むしろ、自身に対する攻撃や、社会的な不器用さのため他人によって非難されると言った他律的な恐怖という症状が見られる。対人恐怖症は引きこもりを伴うことが多い。
社会恐怖としばしば同一視されるが、必ずしもイコールではなく、回避性人格障害や身体表現性障害などの他、精神疾患とも概念的に重複しうるディメンション的な疾患であるとも言われている。
人生は青年期になると進学・就職などの局面を迎えることになり、新たな対人関係が待ち受けることになる。この時期の人に対人恐怖症が好発する。
対人恐怖症についての理解のしかたはいくつかある。対人恐怖症は「対人場面で不当に強い不安や緊張を生じ、その結果人からいやがられたり、変に思われることを恐れて、対人関係を避けようとする神経症である」ともされる。
対人恐怖症には、赤面恐怖、視線恐怖、表情恐怖、発汗恐怖など様々な種類がある。赤面恐怖とは、人前で赤面するのではないかと恐れる症状であり、視線恐怖とは、他人の視線を恐れる症状である。
対人恐怖症の中でも、妄想的確信を抱く恐怖症を「重症対人恐怖症」もしくは「思春期妄想症」と呼ぶ人もいる。ただ、このような恐怖症は妄想を伴っているので、対人恐怖症には含めず、別のカテゴリーで扱ったほうがよいと考える人もいる。
対人恐怖症の人は、初対面の相手やすっかり打ち解けた相手には不安を感じず、中途半端に知った人に出会ったりすると不安をおぼえるという。ただし、最近の対人恐怖は、恐怖の対象が顔見知りであるとは限らないという。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる