ここから本文です

ブスケツのパス成功率

bar********さん

2011/8/2302:03:58

ブスケツのパス成功率

http://www.youtube.com/watch?v=zQ_83Eocz40&feature=related

改めてブスケツをみてみると凄いですね
ドリブルはほとんどとられ無いどころか巧みなターンで抜けるしキープ力もある
ほとんどワンタッチツータッチでボールを正確に捌いています
アロンソやピルロのようにうわすげえというパスはそんなにないですが無駄の無い正確なパスばかり
無駄にボールを持つ事無くシンプルに、かつボールを前に運ぶドリブルもある
ヤヤがブスケツに勝てなかった理由が解りました
バルサの心臓はチャビですがブスケツは何に例える事が出来るでしょう?

閲覧数:
678
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kak********さん

編集あり2011/8/2404:55:06

ブスケツは味方がボールを持った時の三角形を作る動きが完璧ですから、ブスケツがいるだけでパス回しが滑らかになりますよね。
ボール奪取も正確ですし、あまりファールもしませんからピボーテでありながら累積で出れないってこともないです。

チャビを心臓と例えるならブスケツはその心臓を動かすための栄養でしょうか?
チャビやイニエスタが高い位置で前を向いてボールを持てるのはブスケツのポジショニングとパスが優れているからですね。

質問した人からのコメント

2011/8/29 19:43:44

いろいろなご意見ありがとうございました
バルサの栄養ってのもしっくりきますし杯もふくらはぎも頭脳もどれもなるほどと思わされる物ばかりです

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mar********さん

2011/8/2319:21:32

チャビがバルサの心臓ならブスケツはバルサの頭脳です。
絶対にボールは失わない、足元の技術はもちろんのこと、正確なポジションどり、シンプルにさばけるパス、高い戦術理解能力によってバルサの攻撃を後ろから支え、バルサの守備を中心となって支えています。一見パスをつなぐだけの地味な存在に見えますが常に見方がパスを出しやすいような位置にいて、攻撃の起点となっています。まさに、バルサの頭脳ですね。今後数年は彼がアンカーとしてバルサを支えるでしょう。

nnk********さん

2011/8/2315:22:49

キラーパスを出すわけではないけど、どこにパスを出せばゴールの可能性が高まるのか。それを理解しての球出しが出来ているように見えますね。
誰にボールを預ければ安全か、というのも判断が早い。

相手の攻撃時に、パスコースを限定させるなどしてサイドに追いやるような場面を、何度見たことか。

ブスケは、本当にバルサ的に素晴らしいMFです。

ヤヤも良い選手だったけど、バルサの戦術への適応度が、明暗を分けちゃったのだと思います。

シャビが心臓なら、ブスケは肺かな。
血を送るのがシャビなら、酸素を送るのがブスケ、てなとこじゃないかと。

syq********さん

2011/8/2308:33:50

人間にとって第二の心臓である
「ふくらはぎ」ですかね。
心臓から送り出された血液を足先まで送り、再び血液を心臓まで届ける重要な役割を担う部分です。

ちなみにその血液はメッシかな?

イニエスタはバルサにとってシャビに次ぐ2つ目の心臓

そう考えるとバルサというチームが異常なのがわかります。

長文失礼しました

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる