ここから本文です

逸失利益の根拠法と算定方法に関する質問です。 簡裁で逸失利益請求手続きをす...

tyu********さん

2011/8/2410:00:40

逸失利益の根拠法と算定方法に関する質問です。

簡裁で逸失利益請求手続きをすることが可能(140万以下であること及び拡張請求手続きとして)とのことで手続きしたく思 うのですが、請求金額の算定は何を基本にするのでしょうか?

例1)パート(時給)※各雇用・社保・厚年金あり。
賃金未払金及び解雇予告手当て請求事件係争中。

例2)逸失利益算定
給与明細上総額(前記保険含む)×雇用契約期間残月数でよいのでしょうか?

また個々の訴訟内容(事情)によっても算定方法は変わるものなのでしょうか?

閲覧数:
192
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

変化太郎さん

2011/8/2912:01:10

不法行為になどに対する請求金額でしょうから、精神的・経済的に被害が被った金額・・・要するに精神的、経済的被害は○○○円に相当するというものです。

別に、計算方法があると言うものではないと解きます。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる