ここから本文です

「お悔やみ申し上げます。」と、「ご愁傷さまです。」の二つの言い方… 亡くなった...

kuwakunariさん

2011/8/2509:31:26

「お悔やみ申し上げます。」と、「ご愁傷さまです。」の二つの言い方…
亡くなった時と、お葬式の時?だと思うのですが、正しくというか…どちらがどちらでしょうか…?

常識足らずで申し訳ありませんが、判る方いらっしゃいましたら、ご享受の程を…

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
263,469
回答数:
1
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

type_bb_16さん

2011/8/2509:39:34

亡くなったとき・葬儀の際どちらでも使えます。


「愁傷」は「悲しむ」という意味。「ご愁傷様」は不幸があった人に「お気の毒さまです」という意味を込めて言う文言
「お悔やみ」は人の死を悲しみ弔うこと。また、その言葉。


「この度はまことにご愁傷様でした。心よりお悔やみ申し上げます。」
と繋げて言うこともできます。

質問した人からのコメント

2011/8/25 13:23:25

降参 有難う御座いました。

「ご愁傷さま」の検索結果

検索結果をもっと見る

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。