ここから本文です

自動車保険の搭乗者傷害保険なのですが、 日数払いと部位症状別払いとのそれぞれ...

nat********さん

2005/12/813:58:05

自動車保険の搭乗者傷害保険なのですが、
日数払いと部位症状別払いとのそれぞれの
メリットとデメリットはなんですか?

閲覧数:
1,080
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

neo********さん

2005/12/816:35:59

部位別払い 短期で早く払える 支払いのトラブルがありません。長期の場合受け取り金額が少ない
日数払い 治癒後の支払い 通院日数の認的削減 認定日数のトラブル 意味の内通院をする
人身傷害補償特約のない時代の自分補償です。
日数払いでの通院は 日常生活 業務に従事できる程度になおった日までと約款にあります。 保険金目的に意味のない通院は認められません。
搭乗者傷害は見舞金が貰える程度と思っていたほうがいいですね。
最近は厳しい認定をしてます。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

rpb********さん

2005/12/903:52:04

全てに当てはまりませんが、日数払いの方が多く保険金をもらえる可能性が高いです。

保険会社は支払いトラブル(無駄な入通院を助長してしまう)を避ける意味で部位症状別払いを推奨しています。

自動車保険には人身傷害保険と搭乗者傷害保険の2種類がありますが、最低限困らない保障を付けようとおもうのなら、人身傷害保険だけで十分です。
ちなみに、人身傷害保険は治療費などの実費を補償してくれる新しいタイプの保険です。

mo5********さん

2005/12/817:26:18

日数払いは入院通院日数すべて払われます。途中での仮払いなどはありませんので、入院通院が終わってからでないと、支払われません。
部位別払いは症状診断がでた時点で、早急に支払われます。入院通院するしない関係ありません。日数払いにはない手術給付金
がでます。

aki********さん

2005/12/815:48:32

日数払いのように、1日いくらと云う決め方だと、金額を増やすだけを目的に病院通いをする人が出たりで、保険会社も最近は部位症状別を
中心にするようになっています。

部位症状別なら治療が完了までに、部位症状に応じて保険金がすぐ出るメリットがあり、モラルリスクの排除にも効果的でしょうね。

m4r********さん

2005/12/815:10:25

「部位症状別払い」は概して保険会社にとって、支払金が有利になると聞いたことがあります。

そのためかこの払い方が増えているみたいです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる