ここから本文です

ワソラン錠についてなんですが。最近、動機発作が多く病院で発作がおきた時、ワソ...

mik********さん

2011/8/3123:31:32

ワソラン錠についてなんですが。最近、動機発作が多く病院で発作がおきた時、ワソラン錠を飲むように言われましたが。調べてみると副作用に心不全とかあります。 わたしは大病したこともありませんし、他に服用してる薬もアレルギーもありません。でも書いてある副作用を見ると飲むの怖くなります。安全な薬なのでしょうか?

補足回答ありがとうございます。安心しました。発作おきたら飲んでみます。本当に安心しました。

閲覧数:
60,187
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

念仏の鉄さん

編集あり2011/9/100:03:42

ワソラン錠(一般名:ベラパミル塩酸塩)は、血管拡張剤、冠血管拡張剤、虚血性心疾患治療剤に分類されます。心臓や身体の血管を拡張して血流を改善します。こうして血液の抵抗が減らし、心臓の負担が軽減させます。同様に血圧も下がります。また、心臓の脈動を遅らせ、心臓を休ませる作用もあります。主にに狭心症や不整脈の治療に使用されます。その他、脳、腎臓、手足、目の網膜など体全体の血流を改善するので、色々な病気に応用されることがあります。
薬理として血管壁の細胞にカルシウムが流入すると、血管が収縮し血圧が上がります。この薬は、カルシウムが細胞内に入るのをおさえます。その結果、血管が広がり血圧が下がります。同時に心臓の負担も軽くなります。このような作用からカルシウム拮抗薬と呼ばれています。
年齢・性別・職業・生活環境・既往歴・病態・経緯の詳細が不明なのでご期待に添った回答にはなり得ませんが、疾患性の動悸の発作時に緊急避難的に服用する為、処方されたものと考えます。めったに無い、重い副作用として心不全が記入されておりますが、この場合、心不全ほど曖昧で広範な意味をもつものはありません。心疾患治療薬には必ずといって良いほど記述されているものです。日常的に服用するならまだしも、発作時に服用する目的で処方されたなら、不必要に恐れる必要は無いと考えます。むしろ、カルシウム拮抗薬のお約束のグレープフルーツ等、柑橘類との服用や重い心不全、重い心臓の刺激伝導障害や徐脈の症状のある人が注意すべき事です。
補記:実母が日常的な不整脈から狭心症に至り、ニトロ持ちですが実姉の居宅介護や家事に多忙なので冷静に見守っております。高齢者にありがちな持ち物がすぐに出てこない状況なので携帯電話のストラップにニトロケースをプレゼントしました。

「ワソラン錠40mg」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

nqc********さん

2011/8/3123:48:41

心不全はあくまでも重大な副作用のことで、まず心配にはいたりません。

通常の考えられる副作用は便秘、頭痛、めまい、食欲不振などです。

ただ、ワソランは循環器疾患の方の動悸時に服用するもので

若い方やメンタル系の方でしたら、交感神経に働くβブロッカーである

「インデラル」や「テノーミン」、「メインテート」などのほうがいいかもしれません。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる