ここから本文です

Shimano2300ってグレード的には下位ですが だめなコンポなのでしょうか? また8...

トリプルチキンさん

2011/9/322:41:48

Shimano2300ってグレード的には下位ですが
だめなコンポなのでしょうか?
また8s、9s、10sは具体的にどんな違いがあるのでしょうか?

閲覧数:
1,821
回答数:
6
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

alf********さん

2011/9/408:41:13

もちろん上位グレードと乗り比べてみれば違いを感じることはできますが、2300はまったくだめなコンポではありません。他のかたも書いていますが、シマノのエントリーグレードとして驚異的なコストパフォーマンスのコンポーネントと言えます。レースに使用するのでなければロングツーリングにも十分使用できますし、むしろ8Sタイプのチェーンは10Sよりも太いため耐久性も高いと一般的には考えられています。

質問した人からのコメント

2011/9/10 17:02:49

ありがとうございました
大変参考になりました

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

aaa********さん

2011/9/408:15:20

使用目的によりますよね。レースをする人にとっては駄目ですし、日常の足程度にしか使わないのであれば十分なものです。ただ、一度でも上のグレードのものを使うとやはり性能は意識してしまう程の差があります。
8s、9s、10sの違いはグレードによる精度を抜けば、単純にリアの変速数が8速、9速、10速ということです。多ければ多いほど加速に合わせて適正なギアが選択できます。また、ローギアを大きなものにしても変速間の差を少なくして脚の負担を軽減できます。

cor********さん

編集あり2011/9/407:50:48

自転車部品メーカが製品として売っているのだから、ダメって事はない。グレードが低いだけ。
段数を増やす目的はクロスレシオ化でしょう。段差を小さくし、繊細なギア比選択を可能とする。

eeo********さん

2011/9/322:58:00

>だめなコンポなのでしょうか?

シマノの製品で、競技や趣味のロード・バイクでは、半ば10速が標準的な存在に成っていますが・・・
入門ロード・バイクやお手軽ツーリング・バイクに向けた製品のためには、8速や9速のコンポの存在価値が有ります。
シマノ製品の特徴は、低価格のコンポでも機能的には高価格のコンポと同じ機能が確保されている点です。
重量や加工精度とか仕上げの程度は違いますが・・・価格の割に低価格コンポでも使い勝手は高価格コンポと同じですね。
7万円程度の安価なロード・バイクでも、操作性は30万以上の高価格ロード・バイクと同じなのは、有る意味で驚嘆に値すると思いますよ。

hun********さん

2011/9/322:52:50

Shimano2300の性能は上位グレードよりも、操作性、スムーズな変速、制動力、等で劣ると思いますがレース用途でもない限り十分なレベルではないでしょうか?
8s、9s、10s>>10Sのほうがギヤ数を多くできるので、一段変化させた時のギヤレシオ差を小さくでき、脚の回転を大きく変化させないことが出来るのでペースが乱れにくい、疲れにくい等が上げられます。

ami********さん

2011/9/322:52:22

ダメということはないです。それなりに使えると思います。

8/9/10Sの違いですが、シマノのロードコンポで言えば
リアハブは共通。
前後のギヤ厚、ギヤ幅、チェーンの幅、リアディレイラーのプーリー幅が異なる。
変速レバーも異なる。

コンポのグレードの高いものほど、金属素材が軽くまたは強くなっていきます。
また部品の加工精度が高くなります。
予算と目標にあったものを使うのがいいです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる