ここから本文です

芸能界ではいつでも舞台裏の挨拶は「おはようございます」 だと聞きましたが、都...

n48********さん

2011/9/419:13:24

芸能界ではいつでも舞台裏の挨拶は「おはようございます」
だと聞きましたが、都市伝説ですかね?
江戸時代からそうなんでしょうか?
芸能界は夜の世界だったのかな?

閲覧数:
363
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

roo********さん

編集あり2011/9/504:25:30

「おはようございます。」は元々江戸時代の歌舞伎から生まれた言葉だそうです。

歌舞伎の世界では裏方さんお世話人のかたが役者の方より早く来て準備や支度を行っていたそうです。
(今も裏方さんの楽屋入りは早いですが・・・)

あるとき 裏方さんよりも早く歌舞伎役者の方が歌舞伎小屋に入られてお稽古をされていたそうです。
それを見た裏方さんがその役者さんに「お早いお越しでございますね。云々」と挨拶されたそうです。
それが江戸庶民に広まり(流行し)「おはようさんでございます。」→「おはようございます。」と変化し
早い時間・始まりの時間=その日・その時の早い時間・始まる時間=1日の始まり=朝
となり今では朝の挨拶として使われるようになったとのことです。

もともとは歌舞伎の世界から誕生した言葉ですから
舞台に関わる方にとっては何の違和感もなく挨拶として使われているのだと思います。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mi6********さん

2011/9/421:08:57

歌舞伎の世界から始まったと聞いてます。
1番先に来た役者さんがあとに来た役者さんに「お早う御座います」と言うことが「粋」とされ、先に来て「お早う御座います」と言うことを競ったのがはじまりだそうです。

ももんがさん

2011/9/419:47:55

飲食店等で遅番の方々の挨拶で「おはようございます」は使います。
芸能界の挨拶はおはようございますがあたり前ですが
現場入りが日中でも収録が深夜になるのは普通で、いちいち挨拶を時間で分けるより
統一させた方がお互い楽ですからね
おはようございます=お早ようございますね=早くからご苦労様です
と解釈して頂ければ時間にこだわる事は無いと思います。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる