ここから本文です

医療保険とがん保険について。 25歳既婚の女性です。結婚を機に医療保険に加入し...

sakura8481さん

2011/9/1222:46:06

医療保険とがん保険について。
25歳既婚の女性です。結婚を機に医療保険に加入しようと思いました。

ほけんの窓口へ行き、
・掛け捨てでいい
・掛け金はなるべく安いものがいい
・入院保証は5,000円でいい
・70、80になっても保証があるものがいい
と伝え提案をしてもらいました。

まず一つ目は、
ソニー生命の総合医療保険60日型の終身、日額10,000保証のものです。
掛け金は特約などをつけ毎月約6,000円くらい。払い込み期間がが60歳です。
死亡保障がついていて事実上掛け捨てにはならないとのことでした。
それに富士生命のがん保険を付けたほうがいいと。
こちらは月額3,000円。診断時に300万給付されるものです。
両方を合わせると月額9,000円くらいになります。

次に二つ目はひまわり生命の健康のお守りに勇気のお守りをつけたもの。
掛け金は7,000円くらいでした。
こちらも60歳までに払い終わるものにしてもらい、60日型の終身で保証の内容はソニー生命とほぼかわらないとのことでした。

ここで私が疑問に思ったのは、入院保証はいづれとも10,000円だが必要なのか。掛け金は高くないのかです。

保険に関してまったく無知な私は担当してくださったファイナンシャルプランナーさん一人の意見ではどうしても疑問が残ってしまいまして・・・

わかりづらい文章で大変申し訳ございませんがみなさんのご意見を頂けたら嬉しいです。
よろしくお願いいたします!

閲覧数:
1,491
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

anti_nattoさん

2011/9/1223:53:17

保険の窓口は私も相談に行きましたが、どちらかというと結構手厚く保障をつけてきます。
それがいいか、悪いかはその人次第ですが、ある程度、客の側も知識をつけて対抗する必要があろうかと思います。

60日型の日額1万円保障。
健康保険の給付額を考えれば、1万円は、まず、過剰でしょう。
高額療養制度があるので、健康保険の自己負担分を賄うのであれば、日額3000円でも間に合います。
差額ベッド代とか、お見舞いとか、お返しにかかるって話ですけど、そこまで保険で対応する必要ありますかね?
それこそ、貯金でやってもいいのではないかと個人的には思っています。

1万円にしっかりとした意図があればいいと思いますが(120日程度の入院もカバーしたい。もらえるかもらえないか分からない60日以上の入院よりも、60日でしっかりとした保障を受けたい等)そうでなければ過剰だと思います。

またソニー生命は掛け捨てではないので、その辺をどう考えるかです。
安くすませたいのであれば、掛け捨て終身でいくらでも安いものはありますよ。
死亡保障がついていて、掛け捨てにならないのがいいか、というとここは微妙なラインです。
果たして自分が死ぬときにお葬式代とかって必要ですかね?
いますぐ死ぬとかならともかく(そんな状態では保険に入られませんが)

解約返戻金が貯まる保険は、解約前提ならいいですけど、自分としてはこの手の保険、どういう人に需要があるのか、いまだによく分かっていませんし、合理的な説明をしてくれる保険マンにも出会えていません。

まあ何となく、損しないような気がするんですけども、考えれば考えるほどわからなくなります。
現役世代、特に若いうちは保険に多めにかけるよりも、もっと使うべき方法があるかと思います。

基本的な考え方として、何でも保険でやるというよりも、しっかり貯蓄して足りないところを保険で補う、という考え方も出来るかと思います。基本、欲張ると損をする仕組みになっています。得をするのは保険会社です。


富士生命のがん保険は、内容が分かりやすいので個人的にはいいと思っています。
初回300万、2回目以降100万の組み合わせでしょうか?
念のためですが、最低は初回200、2回目100でも組めますよ。なるかならないか、わからないものにどのくらいヘッジするか、これは家計全体のバランスを考えた方がいいと思います。

健康のお守りと勇気のお守りの組み合わせは悪くないと思います。

払込、60歳までにされていますが、短期払は現役時に負担増になります。おおむね、終身払と払込額が逆転するのは75歳くらいです。長生きしないというなら終身払の方がいいですし、現役時の負担を減らすことができます。
あとは定期保険に20年くらい入り、それまでに貯蓄して(200~300万程度)老後の医療に備えるといった方法もあります。実際問題、このやり方が一番安上がりです。

まあ保険って簡単に一言でいいますけど、金融商品ですから、自身のライフプランに当てはめて、キャッシュフローを試算してきちんと考えた方がいいですよ。
いちど、独立系のFP(ファイナンシャルプランナー)に相談することをおすすめします。商品を売らない有料相談がお勧めです。

質問した人からのコメント

2011/9/17 12:54:37

ありがとうございました。やはりもう少し安くしたいのて、もう一度話してみたいと思います!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

te7373さん

2011/9/1304:42:17

私は入院保証について1万円が妥当だと思います。
高額療養費の自己負担分以上に差額ベッド代や給食費に一部
など結構な費用がかかります。差額ベッド代の全国平均は5千円
程度だそうです。10日入院しても5万円ですね。30日入院すると
15万円・・・最近では入院日数が短くなりつつありますが・・
あとは、今後の健康保険制度の行方でしょうね。以前は1割負担
だったものが2割、3割・・となり、今後は公的な健康保険制度は
ますます厳しくなるでしょう。一生付き合う医療保険ならば今後の
ことも考えたほうが良いと思います。
また、富士生命のガン保険はとても良い商品です。非常に売れて
ますし、ガンと診断された場合の一時金は心強いと思いますよ。
保険のプロがこぞってオススメする商品ですね。

2011/9/1223:12:50

まず、保険料は保障内容に比して安い方です。

日額1万円の保障が必要か?という質問には、多いに越したことはありませんが保険料とのバランスを考えて決めましょう。
実際に入院すると結構、お金がかかるのは事実です。
私は1入院給付限度日数はできるだけ長い方が良いと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。