ここから本文です

半月板損傷と変形性膝関節症について、(手術をしないと更に悪くなるということで)

nan********さん

2011/9/1920:43:47

半月板損傷と変形性膝関節症について、(手術をしないと更に悪くなるということで)

膝内側の半月板に縦にひびが入っています。受傷当時は、耐え難き苦痛でしたが、全く歩かないか、距離が短ければ痛みは少々で生活には支障ない程度に落ち着きましたが、急に痛くなる時もあり、階段は避けてます。

1、ある医師、ヒアルロン酸を注射して様子を見ましょう。その他は特別何も言わなかった。(関東労災・スポーツ整形)

2、もう一人の医師、1と同じことを言い、手術をすると歳をとってから変形性膝関節症になる可能性が高くなる。何故なら、半月板を切除するため大腿骨からの体重を支える面積が狭くなり、「変形性膝関節症」になり易いという。・・・この部分本当でしょうか。

受傷状況により、診断も異なるでしょうが、一般的には、全て手術が万能なのでしょうか(手術で治るのか)。
そもそも半月板は血管が通っていなくて、半月板自体が再生しない。
しかし、手術で治るなら治したい。

医師が言うことが様々で当惑しております。いい知恵(袋)、ございませんか。
40歳台中盤です。

補足Web参考にさせていただきます。

手術はやはりそうですよね。一生このままならば、何とか我慢出来なくはないですが、厳しいので治したいです。
後年、「変形性膝関節症」になり易い危険性はどちらでしょう。
1、手術をした場合、
2、手術をしない場合、

いかがでしょうか。

閲覧数:
16,208
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ego********さん

2011/9/2304:20:57

半月板損傷と変形性膝関節症の話は、本当に悩みますよね^^;

実は、私も現在質問者さんと同じく今年の8月上旬に
MRIで撮影して半月板の内側断裂損傷と診断され、
さらに、外側は、変形性膝関節症であり、中央部は、
浮遊体(半月板が細かく砕け剥がれた破片)数個あり
といった診断を受け、重度の症状なので
早急に手術が必要とまで言われました。

その当時の足の状態は、膝が2倍くらいに腫れていて
関節は、ロッキングが酷く、足が真直ぐに
伸びた状態の角度を0度とするなら、
頑張って曲られる角度は、100度くらいまで
伸ばせるのは45度くらいまででした。
そのため、当時は全然まともに歩けませんでした。

その時の医者の説明では、手術しないとおそらく歩ける状態まで
回復しないだろうという事と、手術した場合は、
症状は改善するが、質問者さんがお聞きになった説明と同じで、
残った半月板の負担が大幅に増えて、消耗が急激に加速するので、
50代くらいになると今度は違った原因で関節痛に苦しむ事になる
と言われました。

正直、いきなりそんな事言われて、はい解りました、お願いします
なんて、とても言えないですよね^^;
今の傷みを近未来に先延ばしするだけで、何のための手術なんだ?と
即座に思いましたよ^^;

それに、仕事もとても忙しく、
休める状況じゃなかったので、とりあえず手術は
考えさせてほしいと伝え、
さらに、仕事を今休むわけにはいかないから、
はってでも仕事に出たいから何とかしてほしいと伝えました。

それで、松葉杖を貸りて、とりあえず手術するしないに
関わらず、膝を支えるのを補助となる筋肉を鍛える必要があるからと、
リハビリに最初は3~4日に1度、途中からは、1週間に1度
1回30分程度通う事になりました。

受診後、
最初の1週間後は、まだ歩くのに松葉杖が必要でした。
2週間後に膝が痛いですが、頑張れば歩けるようになりました。
3週間後は、右足よりに重心を乗せていれば大体歩けるようになりました。
4週間後には、足を完全に曲げられるようになりました。
5週間後は真直ぐに伸ばせるようになりました。
そして約8週間たった現在だと、正座と軽くなら走ったり
ゴルフスイングもできるようになりました。

ただ、現在も階段の上り下りは、少し膝に痛みがあり、
膝下を内側に寝かせた状態でねじるった場合は、
少し痛みがあります。

でも、先日、検診で医者に見てもらった所、
早急に手術の必要は無くなったそうで、
生活に支障の出ないレベルまで足が伸びる状態に
回復しているから
このままリハビリを続けて保存療法でも
良いなんて話に変わりました^^;
それによって、現在はリハビリと経過を見る検診は月1回に
減りましたよ^^;

なんでも、半月板の損傷を補うため、人間の自然治癒機能で、
滑膜が急激に増殖形成しているそうで、その膜が広がって、
関節の動きを助けてくれてるそうなのです。

それに、気になる話として、変形性膝関節症もおきているし、
半月板損傷もかなり前に起きていて、今回の原因は、
浮遊体が関節に何かの拍子に引っかかり噛んでしまて
おきたのでは?
なんて話に変わりました^^;

考えてみると8年前にやはり膝がロッキング状態になり
今回と別の病院で、膝に水がたまっていると言われ
注射してもらって治った事があるのですが、
もし、その辺りからだとするなら、半月板損傷暦は
8年以上あるでしょうし変形性膝関節症
についても、今まで普通にゴルフして、マラソンして、
町内会のソフトボールまで参加してたので、傷みはおろか
違和感一つなかったですよ。

ですので素人考えなのかもしれませんが、どんどん傷みも
出なくなってきてますし、この調子だとあと1~2か月もすれば、
治ってしまうのでは?なんて最近思っています。

私の場合で現在の状態まで回復するのに約2カ月かかっています。
ただ私の場合は、仕事がら職場に出れば、痛いのは我慢して
ガンガン重い物もってきましたし、立ちっぱなしもあったり、
歩きまわってもいたので、お世辞にも膝に負担をかけずに
療養などしてきていません。

ですので、2~3か月程度リハビリなどしながら
様子をみてから、手術については、
検討されても良いのでは?と思いますよ。
ちなみに、私は、このまま傷みがほぼ無くなるまで
回復してしまうのであれば、筋トレを続けて
手術はしないつもりでいます。

素人の勝手な想像ですが、滑膜増殖とかで
体が、一生懸命割れた半月板を覆うように
働いているのならば、経過をしばらく見て
その治癒に任せて見ようと思うのです。

長文になりましたが、あまり悩まずに
片方の足が動かないないなら、もう片方の足を
2倍使ってでも普通に歩いてやるぞ!
ぐらいに前向きに考えちゃった方が気が楽で
良いと思いますよ。

元気を出してお互い頑張りましょう^^

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる