ここから本文です

『コクワの幼虫』 素人です。 昨日割り出しをしました。今、発酵マットを200ミリ...

eme********さん

2011/9/2114:47:29

『コクワの幼虫』
素人です。
昨日割り出しをしました。今、発酵マットを200ミリのプリンカップに詰めて1匹ずつ飼育しています。
いくらコクワとはいえ、このサイズでは小さいですか??

あと、成虫を飼育していた普通のくぬぎマットより若干乾燥気味な気がしたのですが、「このまますぐ使えます」と書かれていたので、そのままカップに詰めてしまいました。
発酵マットはシットリさせずホロホロした状態で使うということで正しいのでしょうか?うまく湿り具合を伝えられずすみませんが、ご指南いただけたらありがたいです。
そして、もし乾燥しすぎという場合はどうしたらいいのかも合わせて教えていただきたいです。

補足大きな容器に交換するタイミングは何がどうなったらが適切ですか?
500~750ミリの容器に移しても、羽化するまでには容器交換が再度必要になるのでしょうか?あればそれは何がどうなったときですか?

閲覧数:
488
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sac********さん

編集あり2011/9/2118:00:04

最初は200mmでも良いと思いますが、幼虫の成長と共にマットの食いが早くなりますので、次の交換時は500~750mm位のボトルに変えた方が良いと思います。(この方が交換回数が減ります)

発酵マットは、強く握って手を開いた時にダマが崩れない程度が理想と言います。
湿度が多い場合、温度管理にもよりますが劣化してオレンジ色変色したりする事もありますので要注意です。
マットはできるだけ固く詰めて、飼育ボトルの上部が乾燥してきたら軽く霧吹きする程度でOKです。
経験と感覚的には、ヒラタクワガタ以外は少し乾燥気味と感じる状態が上手く羽化できると思います。
---------------------------------------------
補足に関して
交換のタイミングは2~2.5ヶ月程度経って3齢幼虫初期位が良いかと思います。
コクワガタは食いがそれほど多くはないと言っても3齢となれば200mm容器ではやはり餌不足で小型成虫となってしまう可能性があります。
普通にマット飼育すれば750mmならば、まず1回の交換で羽化までもっていけます。
500mmでも可能ですが、大型の♂の場合春に餌切れ状態になり縮んで蛹化する事もありましたので、そう言う幼虫のみ餌切れ前にもう一度だけマット交換が必要です。

質問した人からのコメント

2011/9/26 17:55:51

sacida219さま
期待以上にとってもよくわかりました!11月頃ボトル交換してみます。また疑問/不安があればアドバイスをお願いしたいです。ありがとうございました(^-^)v

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる