itunesのライブラリの曲が再生できなくなる・・・

itunesのライブラリの曲が再生できなくなる・・・ 以前にitunesに入れていた曲をipodにうつしてから何もせずに数日してitunesを見てみるとライブラリのアルバム(それぞれの曲も)の横に小さく白黒のビックリマークがでていて、曲の再生、プロパティの操作がすべてできなくなっており、なにもできません。 ipodのほうは何の問題もなく曲も再生できるのに、ライブラリ側では操作できません。つまり、PCではその曲を聴いたりできないのです。もちろんipodの中の曲は再生できます・・・ 要するに ①ipodAに曲αと曲βを入れたとする。 ②問題なく曲が入って何の問題もない。 ③数日後、再びitunesを開いてipodBにも同じく曲α、βを入れようと思う。 ④しかし、曲α、βには横にビックリマークが出ていてipodBへの転送どころか、再生、プロパティの操作もできない。 原因がわかりません。youtubeから落としたものもCDをインポートしたものも同じ現象になります。 現象の起点が分からず、いつなるかもわからないので、説明がうまくできずすいません。 長文失礼しました。(こちらのミスであることは確かなのですが・・・・)

補足

回答ありがとうございます。 その通りでした。コピーしたものと思い込んでいたため、元は消していました。最初その事も書いていたのですが、長文のためややこしくなると考え書きませんでしたが、思えば前述に矛盾していますし、必要不可欠な情報でした。 ちなみに、ipodからPCへの逆移動は pod野郎 というフリーソフトで可能です。既にご存じだったかもしれませんが…

ポータブル音楽プレーヤー452閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

ビックリマークはiTunes側から見てファイルが見つからないときに出ます。 何もせずと言っていますが、数日の間にライブラリに加えたファイルを移動もしくは削除もしくはフォルダのパス変更を行っているはずです。 たまに勘違いしてる人がいますが、ライブラリにファイルを加える作業はコピーではありません。 PC内に曲α(PathがC\Music\alpha.mp3とする。もちろん適当なパスですよ。)があるとします。 曲αをiTunesのライブラリに加え、同期し、iPod内に入れられたとします。この時点でPC内の曲αは不要になるわけではないのです。 例えばiTunesで曲αを聴こうとしたり、編集しようとするとと曲αのパス(C\Music\alpha.mp3)を参照します。当然そこにファイルがなければ何もできません。これはiPod内に曲があるかは関係ありません。iPodはライブラリに従ってPCからファイルをコピーするだけですので。すでにあるファイルを再度コピーする必要はないわけですから、iPodへの同期後に!マークが出た曲はiPodでは聞けるといったことがおきます。 もし、ライブラリに加えたファイルが残っているならば再度そのファイルを登録し直してください。!マークの出るところをダブルクリックして同じファイルを再度指定する方法でも可能です。 あと、基本的にファイルのやりとりはPC->iPodの一方通行です。 iPodから曲をPCにサルベージするのはappleは推奨しておらず、iTunesではできません。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

お礼日時:2011/9/29 21:06