ここから本文です

将棋の「新手」とは? 先日、渡辺竜王が順位戦で羽生王座に敗れたとき、「新手に...

mki********さん

2011/9/2317:40:24

将棋の「新手」とは?
先日、渡辺竜王が順位戦で羽生王座に敗れたとき、「新手にうまく対応できず悪くなり、そのまま負けた」とコメントしてました。 素人考えかもしれませんが、将棋の戦型は数多くありながらも、長い歴史の中でセオリーやその対応法が出尽くしているような印象があり、だからこそタイトル戦であっても具体的な解説がリアルタイムにできるのかと思うのですが、このタイトル保持者でも対応しきれない「新手」などというのは容易に出るものなのでしょうか。はたまたそんなことができるからこそ、羽生王座が他のプロ棋士よりも凄いと言われるのでしょうか?

閲覧数:
3,490
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hi0********さん

2011/9/2321:39:56

前にも似たようなニュアンスの質問があり、それに回答したものをまず紹介しておきますが。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1063201170

これを膨らませて話を進めますと、ある局面での優劣が不明であったり、現状での研究ではどちらかが有利といえる状況でも不利な側に打開の余地が残されていると考えられている局面があったとします。その時に前例のない手が指され、その手をきっかけに形勢が大きく有利に傾いた手を「新手」と呼ばれます。
しかし先の内容でも書いていますが、同じ投了図は2つとありません。つまりその手の優劣はともかく、どの対局でも前例を離れ、未知なる局面へと進むきっかけとなる「新手」は必ず存在します。羽生さんだけでなくプロは皆、それを生み出すために努力し、またその局面に立ち向かう時にその手がいい手かどうか、またその局面で有利になる手はないのかを判断する力も養っているのです。だから一昔前は有利とされていた局面が、今では不利とされているものも少なからずあるのです。

それだけでなく、左美濃・居飛車穴熊対策で考案された「藤井システム」、横歩取りの戦い方を大きく変えた「中座流△8五飛」、角道を止めない「ゴキゲン中飛車」などなど、羽生さんがプロデビューしてからだけでも、こういった新しい戦法が次々と登場しているわけです。なので軽々しく“出尽くした”などと言うのはプロに対して失礼だと思いますよ。

質問した人からのコメント

2011/9/23 22:53:32

知らないがために質問の言い回しが一部不適切でした。皆さま、有難うございます。
よく、「将棋は進化している」といわれますが、それがどういうことかもわかってきました。
それとともに、「今強い人」が強くあり続けることの難しさもそこにあるんですね。
ですから、王座を渡辺竜王が3連勝で奪取するとしたら、“新世代の台頭”などと騒がれそうな予感がします。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

him********さん

2011/9/2318:44:48

>長い歴史の中でセオリーやその対応法が出尽くしているような印象があり、

出尽くした、はさすがにちょっと言いすぎなような気がします。例えばこの戦いでも出たゴキゲン中飛車、これなどはここしばらくで現れあっという間に大流行した戦法ですが、いまだに指され続けています。指され続けているということは即ち居飛車、振り飛車どちらをもっても結論めいたものが出ていないということです。

確かに棋理、というかセオリーについてはある程度確立されていると思いますが、それらは逆に言うと先入観のようなものに囚われてしまう危険と背中合わせです。
羽生三冠の凄いところは、そうした先入観に囚われず、常にフラットな状態で盤面を見ることが出来る、だから普通の棋士にはなかなか見えない手が見えるところなのではないかと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる