ここから本文です

先日のサッカーU-22オリンピック予選「日本対マレーシア」戦を観られた方 及びサ...

nan********さん

2011/9/2408:28:22

先日のサッカーU-22オリンピック予選「日本対マレーシア」戦を観られた方
及びサッカーに詳しい方に質問致します。

日本のサッカーって急激に進歩しているなあ~!と感じました。

マレーシアも以前より大分進歩しており、結果は大差にならず、
2-0でしたが、やはりマレーシアの進歩よりも、日本の以前とは
見違える様な進歩に驚くばかりでした。 特に1点目の点の取り方は
昔の日本では考えられない程の素晴らしさ。 まるでスペインの様な
圧倒的なスピードとテクニックであっと言う間に決めてくれました。

日本は昔の方がお金があり、Jリーグでも名だたる監督を海外から
連れてこれたり、日本代表監督にも、オフト、ジーコ、オシム等の監督
を迎えこれましたが、急激な進歩は、この1年の様に感じます。 結果も
ザックジャパンは、まだ負け無しですよね。そしてU-22代表の監督は、
関塚監督ですが、この急成長はザッケローニ監督と関塚監督の指導の賜物
なのでしょうか?

貴方は何が原因だと思いますか?

補足s pulsu izu さんへ、

U-22は、海外組が殆どいないのでは?

閲覧数:
197
回答数:
4
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pon********さん

2011/9/2409:23:01

Jリーグが発足してから20年ほど経ちますが、今活躍している選手達はそのプロのプレーを間近で見て育ちました。各地域の強豪にはJ傘下のジュニアチームが存在しており、それを目標あるいはそれに参加して育ちました。それらの指導は幼年時代はスキルを中心に楽しく上下の関係はなく伸び伸びと大好きなサッカーをしていたのと、強豪高校のサッカー部は昔ながらのサッカー道のような上下の線引きはしっかりし、長時間体力、フィジカルいわゆる根性サッカーをしており、ちょうどどちらかだけでなくどちらも必要と融合されたのが今日の形にあらわれたものだと思われます。これらの素材を一流の指導者がたまたま指導しているのだと思われます。
ただ、幼年時代の指導者はおおむね、アマチュアのサッカー好きの近所の親父がボランティアでしていたこれまでとは違い、今後はJでの元選手、元指導者などの経歴のある指導者が増えていきさらにしっかりとした技術を持った少年が増えていくのは確実です。
比率としてもサッカーに流れているには確実で、一昔前なら運動能力の高い子供は皆、野球をしていたものでしたが、サッカーが主役になってきつつあるのも現実でしょう。私は10年から20年以内でW杯での優勝はあると思っています。

質問した人からのコメント

2011/9/30 08:04:20

抱きしめる ご回答戴きまして有難うございます。 皆様に感謝申し上げます。
20年以内にWカップで優勝ですか?嬉しいコメント有難うございます。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

dor********さん

2011/9/2410:01:54

Jリーグが始まった時からずっと見続けている者からすると、特に急激な進歩だとは思いません。
確かにザッケローニ監督になってから負け無しですが、彼だけの功績ではなく、これまでの日本サッカーの歴史の積み重ねがあってのうえですから。

時代の流れと言うか、今のA代表・五輪代表の選手に総じて感じることは、選手個人が備えているパラメータの平均が高いと言うことです。言い換えれば決定的な穴がない。

Jリーグ発足当初は、今の選手たちが当たり前のようにやっていることができない選手が多かった。
たとえば、前園・磯貝は歴代最高レベルの攻撃センスをもった選手でしたが、彼らの全盛期をもってしても今の代表では絶対やっていけません。
なぜなら走れないし、体張れないし、ディフェンスできないから。
彼らに問題があるというよりも「攻撃の選手は攻撃を、守備の選手は守備をこなせばいい」という時代だったんですよ。

FWでも前線からディフェンスの意識を持つ。
攻守の切り替えを素早くする。
GK・CB・ボランチも攻撃の起点として正確なフィードを意識する。
ワールドユースや五輪、WCでの敗戦の数々を経て、「これをやならきゃ世界で勝てない」という意識を持ち続けた結果、Jをはじめユースや高校・中学の指導者や選手に影響を与え、環境が変わったことにより今の選手たちが出来上がっているわけです。

どのポジションの選手も攻守両面の二手三手先を意識してプレーしていると感じる。
良い意味で総MF(ボランチ)化されて来ているなと思います。
だからポゼッションで勝てるパスサッカーができるんですよね。

五輪代表の試合は国際Aマッチではないので、アジア予選ぐらいでは所属チームも招集に応じてはくれないと思いますが、ロンドン本戦となると、香川・宇佐美・宮市などの海外組が招集される可能性もあります。
東や原口のライバルは、清武や山田直樹だけではないんです。
今のままではロンドン五輪本戦で香川らにポジションを奪われるかもしれないし、本田や岡崎に勝たなければブラジルWCのピッチに立つこともできない。

同じピッチにいなくても、上のステージでやっている日本人がたくさんいるということは、おのずと高い意識を植え付けられることになります。
原口らは先日レギュラーとしてマレーシアと戦いましたが、今試合に出られているだけでは到底満足できないような、良い緊張感をもてる環境が今の日本サッカーにはあるんです。
だから強いんです。

glo********さん

2011/9/2408:39:00

代表に選ばれる選手は、所属している各クラブチームでの活躍ぶりを評価されているので、代表監督よりクラブの監督,コーチの指導だと思います

s_p********さん

編集あり2011/9/2409:44:41

監督どうこうより、海外組が増えたコトによる効果だとおもいます。
ヨーロッパなら毎週ワールドカップレベルを体感できますし。

でも、ザックも関塚も好きですよ。

たしかに、、そうでした。
じゃ、違う見方で。
U22は、プラチナ世代とか言われてるトコですよね。
今までパッとしませんでしたが、ようやくって感じでしょうか。
同年代に優れた選手がいると刺激されて、それを目指して練習します。香川とか宇佐美とかあたりが目標になるかと。
実際、Jリーグのレベルがあがってるのも理由の1つだと思います。
今まではサッカーが盛んになってまだ日が浅いだけだったのかもしれませんね。
日本の実力ってこんなもんじゃなかったりして、と浮かれる自分がいます。(笑)

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる