歩道は自転車(車両)が走るように作られてないですよね?

歩道は自転車(車両)が走るように作られてないですよね? 段差がやたら多いし、歩行者が危ないし… 段差が多いとパンクするし… 歩道によっては斜めってるし、とても車両通行用に作られてるように思えません。 危険な道路以外で、歩道を走るメリットってあるんでしょうか?

ベストアンサー

0

おっしゃる通りです。車の交通量が多く、歩行者の少ないバイパスなどを除いてあまりメリットはないでしょう。 万が一、歩道上で歩行者をはねれば、ほぼ100パーセント自転車が悪いということになり、賠償責任が生じます。 一方で、車道上であなたの自転車が自動車にはねられた場合、自転車ほうが弱者ですので、よほど無茶なことをしていない限り自動車に多くの過失責任が生じます。 サイクリングロードの多くは歩行者用道路を兼ねていますので、ここで事故があった場合も自転車の過失責任が重くみられ、場合によっては1億円近くの賠償責任を負った例もあるそうです。こうなってくると自転車保険にも加入したほうが良いですね。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

やっぱり少ないみたいですね あの横断歩道渡った後のガッタン(段差)が痛すぎる まあ横断歩道渡ってた私が違法なんですけどね

お礼日時:2011/9/28 8:28

その他の回答(2件)

0

自転車で車道の端を走っていたらダンプに巻き込まれそうになった。 自家用車は特にタクシーが左寄せをしてくる。 こういうところを走るメリットってありますか?

0

自転車は軽車両ですから、車道の左端を通ります。 自転車可と表示ある歩道は歩道の車道寄り。 看板の多い歩道では、左折車から見えにくいので、車道のほうが安全と言えます。 サイクリング道路となっていても、歩道にペンキを塗っただけで、自転車可の歩道ですな。 大阪の万博公園周回道路では、自転車専用の表示帯がありますが、ジョギングはたいてい、歩道を走らずに、自転車道を走ります。 ヨーロッパでは逮捕されますが。日本の法規には自転車道がないですな。