ここから本文です

孫悟空の頭の輪?何て名前?三蔵法師は何を唱えて孫悟空の頭が痛くなるのか?如意...

eis********さん

2011/9/2617:16:20

孫悟空の頭の輪?何て名前?三蔵法師は何を唱えて孫悟空の頭が痛くなるのか?如意棒はどこから出てきたのか?空飛ぶ雲(きんと雲?)はどこから来たのか?ショハッカイ・サゴジョウの手に持ってる武器の名前は?

閲覧数:
47,219
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

rai********さん

編集あり2011/9/2705:17:06

1.頭の輪について
頭の輪は「緊箍児」(きんこじ)と言います。
また、緊箍児を締め付けさせる呪文は「緊箍呪」だそうです。
2.如意棒について
如意棒は本当の名前を「如意金箍棒」(にょいきんこぼう)と言います。
如意金箍棒は、古代中国の伝説的な皇帝、禹(う)が黄河の測量に用いた重りでした。
それを、暴れまわっていた時代の孫悟空が、他人から分捕って自分のものにしました。
孫悟空は、普段は如意棒を耳の穴に入れており、戦いの時に伸ばして武器にします。
※念のため言っておくと、他人と言っても人間ではありません。
東海龍王という、世界の海を治めている龍王の1体から盗んできました。
3.觔斗雲(きんとうん)について
觔斗雲は、孫悟空が仙人に習った仙術です。
私が調べた中では、「宙返りを1回する間に10万8000里を飛べる」
という表現があったので、それを参考にしています。
これを宙返り1回が1秒として現代の単位に直すと、
秒速6万km/sという凄まじい速度になります。
10万8000里は唐から天竺までの距離でもあり、全員が觔斗雲に乗ることができれば、
一瞬で旅が終わってしまうわけですが、あいにく神仙でないと使えない術なので、
肝心の三蔵法師が乗れません。
ちなみに、觔斗雲の「觔斗」とは「宙返り」の意味でして、
原作では、乗っている間は常にとんぼ返りしているそうです。
映像作品ではあまり顧みられない設定ですが、
京劇では、觔斗雲に乗る際に宙返りをするのが、
孫悟空役の重要な見せ場だったりするそうです。
また、原作では猪八戒も雲に乗る術を使えます。孫悟空より遅いですけど。
4.猪八戒・沙悟浄の武器
猪八戒の武器は「釘鈀」(ていは)、
沙悟浄の武器は「降妖宝杖」(こうようほうじょう)と言います。
両方とも一応仙人が作った由緒ある品なのですが、
本来は前者が鍬(くわ)、後者が鋤(すき)ですから、両方とも農具だったりします。
まあ、両者とも3トン近くもあったりするので、農具だろうが立派な武器ですが。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「孫悟空の頭の輪」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

shy********さん

編集あり2011/9/2622:05:31

ちと補足。

緊箍児は「きんそうじ」とも読む。

ブッダが与えた宝物のひとつで同種の道具に「金箍児」「禁箍児」が存在し、纏めて「金・緊・禁の呪い」と呼ばれる。

如意棒(天河鎮底神珍鉄如意金箍棒)の重量は8.1t(一万三千五百斤)。ただしこれは日本の尺貫法(一斤=600g)で換算した場合。中国の物は時代によってかなり幅がある。

觔斗雲は術で造り出した雲で呼び出す訳ではない。映像作品だと「わかりやすい」のでそうしている。
速度は一刻(2時間)で十万八千里と秒速60km(マッハ1739)。
(108000÷2)×4km÷3600÷0.345=1739.1304

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる