バス釣りについての質問です。 ベイトフィネスロッドのことで悩んでいます。小型ルアー(ソウルシャッド、飛鳥、スピナベ、

バス釣りについての質問です。 ベイトフィネスロッドのことで悩んでいます。小型ルアー(ソウルシャッド、飛鳥、スピナベ、 クランクetc)巻物専門ロッドに使いたいんです。おかっぱりでしています。メーカーロッドはジャッカル、ダイワで商品名を教えて下されば幸いです。リール(ダイワ、シマノ)もお願い致します。 お手柔らかに宜しくお願いします。

ファイナルファンタジー10,159閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

1

他の方がダイワの説明をしていたので、シマノの説明をさせていただきます。 質問文を読むと、「ソウルシャッド」と書いてあるので、ジャッカルやシマノのHPくらいは見たことがあるのかと思います。 そして、ベイトフィネスの範疇に「クランク、スピナベ」があるので、「けっこう実戦経験が無い方だな」と思いました。 ベイトフィネスの範疇は、自分の解釈では、5g以下のワーム、プラグ、スモールラバージグ、ジグヘッドを小型のベイトリールで投げる釣り、ラインは6ポンドから8ポンドくらいと考えます。それ以下ではベイトリール(カーディフを除く)では扱いにくいし、「ベイトを使う意味がない」からです。 シマノの竿でベイトフィネスを謳っているのは、ポイズングロリアスのマルチロールとのその長い奴、ワールドシャウラの1701FFですが、ルアーウェイトが5g~14gの範囲の竿であればだいたい扱えます。 ベイトフィネスは飛距離を出す釣りではなく、近距離を「スピニングよりは太い糸を使い、正確に打ちたい」というニーズにより生まれているので、7gくらいのクランクなら、12ポンド以上のラインを使用した方が良い(クランクは障害物に当てて使うものだから)し、スピナベはベイトの群れを演出するもので、あまり小さなスピナベは意味が無いし、10グラム以上のスピナベにはブレード抵抗、ワームトレーラーの重さが加わるので、ベイトフィネスの範疇ではありません。14ポンドは必要です。スピナベも障害物に絡めますし。 釣り業界の人はフロロの細糸で、スモールクランクや、シャッドを使わせようとしますが、実際はそれをやると、高いルアーがすぐに無くなります。お金持ちの人はそれでいいのでしょうけど、ボートの釣りみたいにポイントを自由に選び、回収できる場合と、陸っぱりではキャストコースすら限定されるので、ベイトフィネスでプラグをやるのは雰囲気を楽しむにはいいけれど、あまりオススメできません。ナイロンの16ポンドでキビキビ動かないようなルアーはあまり役に立ちません。 リールはアルデバランの7(ハイギアの方)とスコーピオンXT1000が候補になります。軽さを選ぶならアルデバラン、耐久性を選ぶならスコーピオンがいいと思います。シマノから32mm径BFS(ベイトフィネスシステム)スプールが出ていることはご存知でしょう。 本当は太い糸で、ショートロッドで、ある程度キャストができるようになっていたり、いろんなルアーを大きい物も含めて使えこなせる ようにならないと、「ベイトフィネスの本当の必要性」に気付けないと思います。 ベイトフィネスでなければ食わないフィールドは存在しないでしょう。 台風後のドチャ濁りの中でもスピニングにワームしか使わない人。そういう時はスピナーベイトですら、アピールが弱い。 ビッグバドでガチャガチャ水を撹拌してアピールするくらいでもいいのです。 しかし、中にはルアーやラインを見破る強者もいる。スピニングのパワーでは対抗できない。カバーもある。ベイトの太糸、ラインテンションでは口を使わない。そういう凄い魚と出会って、「もう、ベイトフィネスしかない!」って時に使うのが本当なのですが、…。

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

具体的な説明していただきありがとうございます。参考になります

お礼日時:2011/10/1 23:17

その他の回答(2件)

0

ベイトフィネスのロッドが色々出てるので触ってみました。 ロッドを、ティップ・ベリー・バットの3部にわけると、ベイトフィネス用に設計された竿って、ティップだけが柔らかくて、ベリーもバットもあまり曲がりません。最初触ったとき「海の船竿に一脈通じるモノがあるな」というのが第一印象。 オーバーヘッドキャストが楽しい竿には思えませんでした。 スペック的には、スティーズの 651MLRB【BLITZ】、 681MLFB-LM 【LIGHTNING】、ブラックレーベルの641MLRB、691MLRBあたりが「かろうじて使えるかな」と言うレベル。 本当はMLよりLクラスの方が投げて楽しいんですが……スピナベはきついですけど。 Lクラスのベイトロッドは絶滅しちゃってるんで、正直、飛鳥とかだとスピニングの方が良いのかもしれません。 あと、このクラスのクランクだと、ラインは少しでも細い方が良いと思います。

0

ジャッカルはわかりませんが、ベイトフィネスのダイワでしたら最高峰はスティーズのスカイレイ+KTFアルファスなのでしょうが、おかっぱりかつ、巻物中心で行くのであればハートランドのSPR(リールもSPR)などはいかがでしょうか? おかっぱり専門の村上晴彦さんがスモールプラグ等を気持ちよく使う為に設計したロッド・リールです。 恐らく、質問者様のニーズに応えてくれるものだと思います。