「疑う」に手ヘンをつけた漢字って、なんて読むんですか?

日本語23,230閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

4

4人がナイス!しています

その他の回答(3件)

1

音は「ギ」 「次期総裁候補に擬せられる」 のように使います。 訓は「はかる」「なぞらえる」(現代日本語では、おおむね後者) なお、「模擬」の「擬」の聯想からでしょうか、「疑似」を「擬似」と書く向きがあり、 『広辞苑』『岩波国語辞典』各第一版では「ぎじ【疑似】」だけだったのに、後の版で「擬似」も載せるようになりました。 特に後者は「擬似」を先に掲げているので、ユーザーを誤ること、その罪は小さくありません。 『日本国語大辞典』(旧版) が「ぎじ【疑似・擬似】」としたことが大きいと思われますが、引かれた「擬似」の用例は、 「擬似する (なぞらえ似せる)」という動詞で「疑似赤痢」「疑似恋愛」などの「疑似」とは別の語です。 上の回答にある「擬陽性」も正しくは「疑陽性」です。 これらの「疑」は「うたがう」ではなく「まぎらわしい」(形容詞) です。 (例) 「疑似之迹、不可不察」―『呂氏春秋』疑似篇 「衆怨難積、疑似難分」―『三国志』杜恕傳

1人がナイス!しています

0

なぞらえる や はかる です。。。。。。。。。。。。。。。

0

「ぎ」ですね。 擬陽性の擬です。 また「もど(き)」とも読みます。 雁擬き(がんもどき)の「もど(き)」です。 さらに「なぞらえ(る)」とも読みます。 庭を自然に擬る,などと使います。 http://dic.yahoo.co.jp/bin/dsearch?p=%B5%BC&stype=1&dtype=0 http://dic.yahoo.co.jp/bin/dsearch?p=%A4%E2%A4%C9%A4%AD&stype=1&dtype=0 http://dic.yahoo.co.jp/bin/dsearch?p=%A4%CA%A4%BE%A4%E9%A4%A8%A4%EB&stype=1&dtype=0