ここから本文です

未加入期間国民年金適用勧奨の書類が届きました。 今年の1月あたまに会社を辞め...

you********さん

2011/10/914:52:32

未加入期間国民年金適用勧奨の書類が届きました。
今年の1月あたまに会社を辞め、2月中旬に新しい会社に勤め、震災の影響などもあり、手続きにするのに時間がかかってしまった為、5月分のお給料から厚生年金が

再スタートとなりました。
その間の年金が支払われていないというので書類が来たのだと思うのですが、ネットで調べたところ、免除という方法もあるということを知りました。
こういった制度のことはさっぱり分からないのですが、国民年金は納めていない期間があると、老後支給される年金額が減るようなことを聞いたことがあります。
数か月分でも未納期間があるのは、やはりまずいということでしょうか?
何も分からず、お恥ずかしいのですが、お詳しい方よろしくお願いします。

閲覧数:
595
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

am3********さん

2011/10/920:22:29

残念ながら、現時点では平成23年6月以前の免除の申請期限は過ぎています。
納付は月単位となっており2年以内なら納付できるので(年金確保支援法(10年遡って納付できるようにする法律)が成立しましたが平成24年10月までで施行となっており、納付できるようになっても2年を経過した分は加算が付きます。)古い月から順番に納付されたらいかがかと思います。

質問した人からのコメント

2011/10/13 23:06:32

ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

tm_********さん

2011/10/915:50:21

未納期間があると、催促の葉書等が来ます。放っておくと、運が悪いと資産差し押さえに遭います。ただ、年金未払い者は、50%近く居るので全員を差し押さえするのは人員的に困難です。なので、悪質の方から対応していくんだと思いますので、あなたの様に短い期間ならたぶん来ないでしょう(分かりませんが)。
未納期間があると、もちろんそれに対応した年金額が将来の受取時、減額されます。
あと、年金は、厚生年金等の年金と、国民年金の加入期間を合わせた期間が、通算25年以上でないと、将来年金をもらえなくなります。掛け捨て状態になります。もちろん、間に未納期間があっても、前後を合わせて25年以上あればいいです。



免除制度には、全額免除、4分の3免除、2分の1免除、4分の1免除があります。
全額免除を受けれた場合、その間は年金を払ってないのですが、その期間は前述の通算期間としてカウントされます。
ただ、その分払ってないので、将来年金額は減ります。

免除制度利用した場合でも、ただ単に未納でも、後で足りない分は払えます。期間は10年です。
(つい最近(数ヶ月前?)までは、2年でした。)
ただ、後で払うと、利子みたいのがついて、遅ければ遅いほど、少し高くなります。

未納期間があると、まずいかどうかは、以上を踏まえた上で、あなたがどう思うかです。

ただ単に未納よりも、免除制度を利用した方が得策だとは思います。
それか、払ってしまうかです。6ヶ月分なら、約9万円ちょい、です。
免除制度は、もしかしたら今からでも申請すれば利用できるかもしれません。市役所、または年金事務所に相談するといいでしょう。ただ、収入等によっては、全額とかは、審査が通らないかもしれません。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる