ここから本文です

めだかの水槽に、小さな貝のような虫が次々とあらわれます。何が原因でしょうか?

teacher6368さん

2011/10/1010:27:50

めだかの水槽に、小さな貝のような虫が次々とあらわれます。何が原因でしょうか?

その貝?(ムシ?)は小さいもので3mm大きいとその倍くらいで、黒くて触角のようなものが2本あります。
ふと水槽を見ると、水槽の壁をよじ登って貼りついているのです。
見付けると取り除きますが、どうも底砂の中から発生しているようで、除去しても次から次へとキリがないのです。
2週間に一度水を変えますが念入りに、ケース・砂・ろ過装置は洗って1週間ほどするとその貝?が出没してくるのです。
お水には、「めだか用・水一筋」と言う液体を入れています。
初めての飼育なので知識がなく、困っています。
この貝?の発生原因と対処法をどなたか教えて下さい。
よろしくお願いいたします。
*稚魚ケースと成魚ケース2つありますが、何故か貝?は成魚ケースにしかあらわれません。

閲覧数:
91,089
回答数:
5
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2011/10/1011:50:34

モノアラガイかサカマキガイなどの、淡水性の巻貝です。タニシとは違う種類の貝です。
掃除の時によく観察すると、水槽の壁や水草などに透明なゼラチン質に包まれた卵が見つかると思います。
卵胎生で生まれた時からある程度のサイズがあるタニシと違い、卵から孵った稚貝は非常に小さな粒サイズであるため、見えるものを取り除いても、見落とした小さな稚貝が育って再び卵を産み始めてしまうのです。
発生要因は水草などに付いて紛れ込んできたわずかな数の親貝か卵、稚貝のいずれかだと思いますが、撲滅には水槽をリセットし、砂利や水槽、器具類は熱めの湯で紛れ込んだ貝を殺し、水草は捨ててしまうか、丹念に観察してしばらく別の容器で管理し、これ以上貝が付いていないことが確信できるまで水槽に戻さない…といった対処が必要です。

ただ、貝が小さな稚貝から卵が産めるようになるまで1週間~10日かかりますので、見つけた稚貝が成体になる前にひたすら取り除き続ける地道な方法でもいつかは殲滅できます。
一つ卵や稚貝を見落としてしまって、どこかでひっそり産卵できるサイズに育ってしまえば元の木阿弥ですが、根気よく続ければリセットまでしなくても不可能ではありませんね。
大きな水槽ならうんざりしてリセットしたくなりますが、隅まで目が届く小さめの水槽なら「地道作戦」でもイケないことはありません。

質問した人からのコメント

2011/10/12 09:56:14

降参 kappasan_kappasan様ありがとうございました。めだか飼育無知の私に一番理解しやすい回答をいただき感謝です。早々週末に熱湯方法を実行してみます。でもまた出てきたら地道に除去しながら繰り返してみます。家で育てる以上はで家族ですから、これでできるだけ良い環境を作ってあげられるかと思います☆
他皆様、本当にありがとうございました。ここに書いて下さった時間をいただき感謝いたします。大切に育てていきたいと思います。

「メダカ 貝」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

yucky2ne1さん

2011/10/1021:24:15

メダカを成魚ケースからどこかに移し、水温を20度以上に保って、トーマシーという魚を入れてみて下さい。
すぐに効果が出ると思います。
貝じゃ足りなさそうだったらメダカのえさも食べると思います。

ya_sssaさん

2011/10/1020:16:20

私もメダカを飼っていますが、サカマキガイではないかと思われます。(核心は持てませんが私も困っています)
繁殖しても害はなく水の浄化をしてくれると思っていたのですが、以外に水がきれいにならりません。役立たずなのに増えるので、私も除去をしています。(川で捕ってきたタニシを入れると一晩で水が澄み、ガラス面の藻も取ってくれました)
ゼリー状の透明の卵をどこにでも産むので、水槽や砂を洗っても水草等に残ったりして繁殖します。見つけにくく水で流しても取れません。
発生原因は成体もしくは卵が何かに付いて入ったと思われます。対処法は成体の除去と卵はこすって洗い落とすか、メダカを移し水槽や砂を天日乾燥、水草は除去することです。

qtqxtさん

2011/10/1014:55:18

種類に関しては↓に同意です。スネールというやつです。水草などに卵をうみつけ、オスメスというのがありませんので、どんどん増えていきます。発生源は、水草についていた卵、成体などです。

対処法ですが・・・

1)スネールホイホイ
確実ですが、発生源までは抑えられません。

2)かまぼこによる抽出
かまぼこを吊るしておくと、夜中にくっついてくるのでそれを翌朝捨てます。これを繰り返して減らします。

3)生物兵器
スネールを駆除できる生物というのがいますがメダカを食べる種類もいます。
http://www015.upp.so-net.ne.jp/shshsh/betta/aquarium/snail.htm

4)塩浴による一網打尽
一部生き残る場合もありますが、成体ほど絶滅します。メダカは海でも生きれるほど塩分に強いので、0.3%くらいの30度塩水を置換して、貝殻だけにしてしまいます。(ヌマエビ混泳には無理)メダカの病気も予防できるので、エビがいなければこれは使えます。

rumiko_0607さん

2011/10/1010:46:04

おそらくそれは「タニシ」ですね。

タニシは、めだかなどの魚を水槽で飼っていると、どこからともなく発生します。
発生原因はよく分かりませんが、対処法は別に必要ないですよ。
タニシには、水槽の藻などを食べて、キレイにしてくれるはたらきがあります。
ですから、急いで取り除いたりしなくていいんですよ。
むしろ、数匹いたほうがめだかの健康にもつながります。

ただ、あまり大きくなりすぎると、稀にめだかを食べてしまうことがあるそうです。(私は見たことありませんが…)
なので、「こいつは大きすぎるんじゃないか?」と感じたもののみ、除去することをオススメします。
でも、質問者さんの水槽にいるもの位のサイズなら、大丈夫だと思いますよ。

長々すみませんでした!
すこしでもお役に立てたら幸いです。
めだか元気に育つといいですね(^^*

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。