代ゼミの元井太郎先生の早大古文はどのような感じでしょうか?

代ゼミの元井太郎先生の早大古文はどのような感じでしょうか?

大学受験3,309閲覧

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

1

こんにちは☆ パソコンからの閲覧を推奨します。 元井先生の講義方針としては・・・ フダンの学校での勉強や参考書などを通した勉強で 身に付けた古文の基礎学力を、どのように活かして 入試問題を解くのかを考えます。 また逆に、入試問題の分析を通して、フダンどのような勉強 をするのが効果的かを指摘していきます。 いわゆる出題者の意図にもせまっていく講義です。 元井先生の授業の雰囲気については、 以下にURLを貼るので動画を見てください。 ① http://www.yozemi.ac/sateline/lecturer/japanese.html?name=motoi#subjecthttp://www.yozemi.ac/sateline/campaign/kaname/?name=motoi#moviehttp://bb.goo.ne.jp/special/yozemi/japn/motoi01/index.htmlhttp://bb.goo.ne.jp/special/yozemi/japn/motoi02/index.htmlhttp://bb.goo.ne.jp/special/yozemi/japn/ce_kn_japn02/index.html ③~⑤は、代ゼミTVネット(自宅のパソコンで受講する映像授業)のページが、 表示されるので、『第1回無料体験』をクリックしてください。 それでは、頑張ってくださいね♪ 以下、参考。 ●代ゼミ/2011-2012冬期直前講習会/元井 太郎● 早大古文 これまで頑張ってきた受験生の学力を、 早大受験の本番でいかに得点に結び付けるか?という点に焦点をしぼって、 直前期の総合力を養いたいと思います。 ムダなく得点するには、 何といっても早大の優れた出題意図を研究する以外はありません。 それはあやしげなテクニックではなく、 基礎をふまえた客観的な方向であります。 早大・上智大をはじめとする全国の難関私大受験生を対象とします。 また、これらの大学を併願する国公立大受験生や、 自己評価が低く、本来は難関私大を受験すべき受験生にも その良問を通じて「目指そう」という意欲をわかせていきたいと思っています。 ①基礎力の応用とは? ②本文の読解 ③設問のアプローチ ④早大の出題意図(1) ⑤早大の出題意図(2) ●代ゼミ/2011-2012冬期直前講習会/元井 太郎● 早大古文予想問題演習 直前期までに学習してきた要素や基礎事項を、 いかに早大入試の本番で得点化したらよいのか? という事が、演習のテーマとなります。 それはとりもなおさず、「早大の出題意図をふまえる」ことに他なりませんが、 その方向性は決して「難解」「高度」なものではなく 「適正な基礎力の活用」であることを創作問題により示します。 早大全学部(古文を課している)を受験する全ての早大受験生が対象となります。 他に、第一志望が国立系大学で、私立難関大をも受験する、また、意欲的な 高2生など、早大を志す全ての方が対象となります。 ①早大の出題意図 ②早大への設問アプローチ ●代ゼミ/2011夏期講習会/元井 太郎● 早大古文 早大受験生には、相当高い基礎学力を持ちながら、 本番で的確に得点化する能力に欠ける、といった傾向が見られます。 それは早大の要求を考えず、一人よがりな学習に走るからであり、 実力を早大に合わせるにはどうすればよいか?という点を中心に、 2学期以降の学習指針を生徒自身がつかむことを目標に講義いたします。 早大・上智大をはじめとする全国の難関私大受験生を対象とします。 夏の段階での達成度は問わず、 第一志望に合わせた効率の良い学習指針をつかむことが目標ですので、 得手不得手を問わず、 早大レベル合格を目指す全ての私大受験生が対象となります。 ①早大に合わせた学習法 ②早大の出題意図(1) ③早大の出題意図(2) ④本文の読解法 ⑤設問アプローチ

1人がナイス!しています