ここから本文です

GVHDについて質問です。 GVHDを避けるための措置の一つとして 「近親者の血液の...

ito********さん

2006/1/2521:24:18

GVHDについて質問です。
GVHDを避けるための措置の一つとして
「近親者の血液の利用を避ける」というのがありました。
他人だと起こる確率が1/8000なのに対し、親子間だと1/50だということですが、
それでは、一卵性双生児ではどうなのでしょうか?
GVHDは「他」を認識するのであれば、同じ血液だと思うので
GVHDが起こらないと思うのですが・・・
いかがでしょうか?

閲覧数:
1,092
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pyo********さん

2006/1/2614:23:24

一卵性双生児なら遺伝子レベルで一致していますので、同じ血液ということができます。
ですから、一卵性双生児間の移植(輸血を含む)では、GVHDは起こりません。

ただし、GVHDが起こらないからといって、いいことばかりではないようです。
ドナーのリンパ球が患者の体を異物と認識して攻撃するのがGVHDですが、白血病の骨髄移植では、それによって残っている癌細胞まで攻撃される(GVL効果)ので、再発が少ないそうです。
しかし一卵性双生児間の移植では、GVHDは起こりませんが、GVL効果もみられないので、明らかに再発が多くなるとのことです。

・・・うまくいかないものですね。
http://medical.radionikkei.jp/suzuken/final/040715html/index_2.html

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる