ここから本文です

文化式原型の補正法についての質問です。 肩ダーツ、胸ぐせダーツ、ウエストダー...

pan********さん

2011/10/1811:56:14

文化式原型の補正法についての質問です。
肩ダーツ、胸ぐせダーツ、ウエストダーツがついてる原型を作って着てみたが、バストポイント
の位置が原型よりも高く少し大きいためSP

からBPに向かってつれじわがあり、前袖ぐりとSNPから
SPが浮ます。姿勢よくすると前のウエストラインが体からかなり?離れます。
私が使っている本に乳房大の補正法が乗っていますが、上のような原因と結果の場合それだけではないような気がするので、
どなたか補正法若しくは原型の体型別の補正法が詳しく書かれている本を教えてください。よろしくお願いします。

補足SNP=サイドネックポイント、SP=ショルダーポイント、
原型なのでトワル上の補正と最終パターン修正をしなければならないって本に書いてあります。
ちゃんとしたものを作りたいので、詳しいというか正しい?補正法を知りたいです。

閲覧数:
2,500
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

han********さん

2011/10/1813:25:50

「なで肩」で「胸が高く」「反り身」の体型と思われます。(バレリーナみたいな体型?)
それぞれの補正を行います。
ご質問の原型は文化式原型成人女子用だと思います。
これの補正法が載っている本を知りません。
ダーツのない婦人用原型(旧式)の補正法が載っていますが、
補正でいじる位置はそれほど変わらないと思うので下記の本を参考にするといいと思います。
比較的新しい本なのでまだ入手可能だと思います。
文化服装学院の教科書よりいくらか詳しく補正法が説明してあります。

土屋郁子「美しい服作りのための型紙の補正」ブティック社

SPが浮く=なで肩→浮いた分だけSPをさげて肩線を引き直す。AH寸法が変わらないように袖下も同寸法下げます。

これで肩線をあわせておいて、BPはいじらずに、

SPからBPへのつれじわ=胸が高い→BPから3方向(中心、真下、袖下より数センチ上のP点)に原型を切り開く。
または、既に胸くせダーツがあるならダーツ分量を多くして、その分前身頃の丈を追加する。(脇丈を変えないように)

この操作をして後ろ身頃がだぶつくようなら「反り身」→後ろ身頃を肩胛骨トップのb点より3方向(中心、肩線の中心、P点)切ってたたむ。

これでたぶん姿勢良くしても前ウエストが浮かなくなると思います。
襟周りのフィット感も、あわないときはそれぞれ訂正します。
b点P点の求め方は本に載っています。
補正は文章で説明が難しいのですが、洋裁の先生でもそれほど身を入れて教えてくれないので(個別性が高いから)
本を参考に、自分で納得いくまで直すのが正攻法だと思います。

質問した人からのコメント

2011/10/18 14:33:16

降参 ekoekovivianさん 、hanakuromikeさん
回答ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

eko********さん

編集あり2011/10/1812:45:07

御自分のバスとポイントを決めたらそこに向かってダーツを大きく取れば原型よりもバストが大きく取れます。SP,SNPってなんですか?

想像ですが,肩ダーツが足りないんじゃないですか?

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる