ここから本文です

万年筆について質問です

puu99quu99さん

2011/10/2423:49:46

万年筆について質問です

PILOTのキャップレス万年筆のデシモを使っています。
コンバータを使ってインクを入れようとすると、うまく入れることができず、いつも満タンの半分以下です。また、詰め替えのインクを使っているときよりもインクの出が悪く、かすれ気味になってしまいます。

この2つの解決策はなにかありますか?

閲覧数:
3,662
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

lovenoricさん

2011/10/2500:29:44

先ず、コンバーターを使用時に、正しい吸入法でインクを吸入しているかをチェックして下さい。

コンバーターを装填した状態で、ペン先をインクボトルに浸しますが、この時ペン先全体から首軸先端が軽くインクに浸るまでインクに浸けます。
その状態を維持したままで、コンバーターを操作(CON-50なら軸尻部を回転し)してインクをゆっくり吸入します。
インクに浸ける時点では、コンバーター内のピストンが完全に下りきった状態で浸け、ゆっくりとインクを吸引します。

もし、何度やってもインクの吸い上げ状態が悪い時は、ペン先を上にしてコンバーター内のインクを下げ、軸尻を回し、ピストンをペン先側に移動させ、コンバーター内の空気を押し出します。

その上で、ペン先を下に戻し、再度ボトルインクに浸けて、インクを吸入します(2度入れ、二段入れする訳です)。
そうすれば、インクがコンバーター内に満タン状態になるので、その状態で筆記してみて下さい。

現在は、コンバーター内に空気が入り過ぎ、空気循環が上手くいかず、インクフローを阻害しているのだと思います。
上記方法でコンバーター内の空気を減じ、気圧を変化することで、フローを改善する為の処置です。

万年筆自体が正常なら、これで筆記も正常に出来るはず。
もし、やはりインクの出が悪い、掠れるというのなら、空気の循環に欠陥があります。
その時は、購入店或いはパイロット製品を扱う文具店やデパートの文具売り場にペンを持参し、状態を説明の上、調整・修理が必要になります。
パイロットは、本体価格500円以上の商品は修理に応じてくれます。パイロット製品を扱う店舗を通じて調整・修理の依頼をした場合、往復の送料も不要です。

以上方法を、一度お試しになって下さい!!

質問した人からのコメント

2011/10/25 00:50:40

2度入れしたらインクもしっかりと入り、問題なく書けるようになりました!
おっしゃっていた通り、空気が入りすぎていてインクが下にきちんと行かない状態でした。
インクが減ってきた状態でも、ちゃんとインクフローできることを願ってます。。w
回答ありがとうございました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。