ここから本文です

借地の相続と借地権売却について

まあさん

2011/10/2512:15:51

借地の相続と借地権売却について

現在、横浜で約50坪の借地に家を立てており(築約30年の鉄骨立て)、そこに実母と実父が現在住んでいます。
借地自体は、祖父母以前の代から続いている状況で、建物の登記は実父名義になっています。

先日、実父が入院しました。命に別条がある訳ではなかったのですがその際に実母から「もし父さんが亡くなったら私はこの家を売り払って別の所でゆっくり住みたい」ということを話していました。

そこで質問なのですが、

1.借地の上に立った建物を相続した場合、建物のみの売却は可能なのでしょうか。
2.借地を返却する場合、更地にして返すべきものなのでしょうか。また、借地権を地主に買い取ってもらえない場合、第3者への売却は可能なのでしょうか。
※土地の貸借契約書は手書きのものであり、返す場合の条件等は明記されていません。
3.借地権を相続することになると思いますが、こちらも3000万以上の場合は相続税がかかるのでしょうか。

閲覧数:
382
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2011/11/107:32:32

1.この場合は借地権の売買ではなくてより強い地上権の売買になります。可能です。地域によりますが地価の7割程度の評価がされます。
2.定期借地権ではないため更地にする必要はありません。更地にすると地上権が消えてしまいます。費用を掛けた上に主張できる、売却できる権利はなくなります。第三者に売却は可能です。
3.相続税は総額で判断して、5000万+相続人数x1000万=非課税枠です。実母の分は1億6000万まで、非課税です。したがって一般家庭で相続税は心配ありません。95%の人は相続税と無縁です。

質問した人からのコメント

2011/11/1 09:20:33

成功 なるほど!これを参考に両親と話をしてみます。どうもありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

tep********さん

2011/10/2513:13:51

1.地主の了承が得られれば売却できます。承諾が得られない場合は借地非訟手続(借地借家法19条)により譲渡許可を裁判所に求めるか、地主に買い取ってもらいます。築30年だと残存価値がないでしょうから、借地割合での交渉になりますね
2.契約を解除する場合は更地にする義務があります。地主の承諾があれば建物を譲渡することは可能です。売却については1.の通りです
3.相続財産として借地割合をもとに計算します。相続税が意外と高くて相続をあきらめるケースも多いようです

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる