IHクッキングヒーターのグリルで炭をおこしてもいいのでしょうか?

補足

お二方のご回答ありがとうございます。 岩手切り炭というもので、たぶん菊炭(お茶用?)ではないような。BBQ用の炭と違って着火しづらいものなのだそうです。 防災炊飯ってことは、やはりまずいのでしょうか。 飛騨コンロというのですね、あれ(ネットで見て記憶とつながりました)。子供のころあれで朴葉味噌を焼いて食べました。 あの固形燃料はお手軽でいいのですが、毎日使うとなるとちょっと割高かなと。 難しいですね……。

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

その他の回答(2件)

0

防災炊飯の範疇ですね。 おそらく、菊炭ではありませんか? 私なら、飛騨コンロ2つ重ねて炉をつくり、豆炭熾しに炙り物、重宝しています。 起爆剤は、マングローブ炭の切り炭片手に少々、着火材は青い固形燃料20g、 火鉢は毎日の事なら大変ですが、頃合いまで放っておくだけです。 補足 岩手切り炭なら判ります。 昔風で言えば、硬炭、白炭部類です。 私は安い備長炭まで、この方法で目的に合わせて炭を使い分けます。 中間起爆剤として、マングローブ炭を使うのがミソです。 火鉢の大きさ、炭継ぎをどのようにお考えか判りませんが、火種の熾きがあれば着火材が無くても可能です。 トングと十能は必需品です。 炭は使い方、 防災炊飯では、七輪とマングローブ炭(切り炭)の火力で5合炊飯、連続技も可能です。 マングローブ炭は熾るより、短時間で立炎して燃えます。 だから、火持ちは悪い半面、火力は高いです。 餅焼き、炙りは備長炭飛騨コンロ、湯沸しくらいは簡単に出来ます。 手がかかり、不便ですがスローライフ向き、かと思います。

0

ホームセンターのBBQ売り場に炭に火をつける煙突(仮称)がうってるはずです。これは筒で上に炭をいれ下に新聞紙一枚を入れて火を付ければたちまち炭に火が付けられるものです。